会員訪問~爆音鉄工場

16996531_1126177197507959_7078648702762860477_n
某日、代表植木氏とS氏の職場を訪ねました。
S氏の職場は郊外の鉄工所。
そこにスピーカーJBL4430、ヤマハNS1000、ダイヤトーンDS77Zを並べ
気兼ねなく爆音を楽しんでおられる。
例会ではいつも低音が物足りないと不満を述べていたので、
それなら聴かせてもらおうじゃないか!
なかば道場破りの気持ちで押しかけたのでしたが、あっさり返り討ちに。

17022179_1126177207507958_1625105811636240628_n
半端ない大音量、下手なホールやライブハウスよりでかい。
これ以上の爆音って経験したことがないです~
スピーカーってこんなに大きな音出せるんだ、驚き!
大音量で聴くことで、音源に入っている総てが見えてくる感じ。

ヤマハは情報量多いのですが、やや神経質、ダイヤトーンが値段のわりに健闘。
でもやっぱりJBLですね。伸び伸びとライブステージを表現。
このスピーカー、正直見くびっておりました。
この大音量にへこたれることない鳴りっぷり、脱帽です。

「大音量は正義!!」だと思いました。
低音の快楽ばかりでなく、大きな音の隙間から隠れた情報が聴こえてきます。

日本の一般住宅にあるほとんどのスピーカーは本当の実力を発揮しないままちんまりと鳴っているのでしょうねえ。
8畳間に3セットもスピーカー置き、嫁に怒られない様気を使いながら夜な夜な音楽を聴いている私から見れば、かなわぬ夢の空間です。

しかし大型システムの大音量による”拡大鏡”的表現だけがオーディオではありません。
負け惜しみじゃないです。
所詮、”幻”を追い求める趣味ですから色んなやり方があるはずです。
”常識的”な音量でも、充分音楽のダイナミズムを感じ、”拡大”できずともきちっと”焦点”のあった表現を探求することは可能だと思います。と言うか、それしか道が無い・・・

でかいスピーカーでデカイ音を鳴らす・・・
鳴らせるなら、やっぱこれが一番ですか・・・
また爆音浴びに行きたい!

第51回 札幌オーディオ同好会

2/24 らんぷうぇい

16939150_1126176520841360_1282850342801705305_n
今回はMarantzのプリメインアンプ PM-99SE(1992年発売 33万円!)の試聴と植木氏作製の金田式プリアンプ1号機と2号機の比較。
マランツのアンプはでかいトランス、コンデンサーを搭載し重量26㎏、A級動作なら30W+30W(8Ω)、B級なら130W+130W(8Ω)でさほどハイパワーではない分、ゆとりのある設計になっているのでしょうか。ノイズ対策もできるだけのことはしており、今ならとんでもない値段になるのでしょうねえ。
出て来た音は、ゆったりした感じはあるが、凄さはあまり・・・
金田式アンプの情報量と明瞭な表現の前であっけなく敗退・・・

16996491_1126176470841365_8118671715589771011_n

金田式プリアンプ。
シャーシ剛性とノイズ対策にこだわった1号機と回路構成は同じながら
配線の取り回し等信号経路を見直し、更に改良を重ねた2号機。
回路構成が同じプリアンプ、違いがあったとしても大勢に影響の無い微差だろうと
思ってましたが、明瞭度がはっきり違いました。
1号機もかなり繊細で分解能が高いものでしたが、2号機の前ではもう・・・
実はこの2号機は私(櫻田)のモノになる予定でありましてとても楽しみになってきました。
いったい市販機のどのクラスに相当するのでしょうかねえ?
マークレビンソンあたりと勝負できるのか・・・

F氏がお手製のプリアンプとパワーアンプを持参してくれました。
プリはゲインを稼がずに音質優先の設計で電圧がどうのこうの・・・わからんので割愛。
パワーは人造大理石を使ったルックスが良い。
端正な音に聴こえました。
16996005_1126176474174698_6877411350955963862_n

部品や回路について語る人から、私のようにメカ音痴だけど出てくる音楽に興味のある人まで
多様性の富んでいるのが当会の良い所?

次回は3/24です。

第50回札幌オーディオ同好会

5907

5909

6124

6125

1/27 らんぷうぇい

おおっ!記念すべき第50回でしたが、いつもどおり粛々と。

今回は植木氏のスピーカー改良版。
中域にドライバーホーンを導入。
F師匠宅にあったものを植木氏が譲り受けた。
JBL方面が中国のOEM先に依頼した試作品らしい。
へら絞りによって成形されたチタンダイヤフラムを搭載した本格的なもの。
ドライバーは固そうな木材で覆われた豪華仕様。
明らかに以前のドーム型とは次元が違う。
25cmウーハーには小さい箱、安物ホーンツイーターのホーンを取外して振動板むき出しにしたツィーターなので
中域だけ良くなっても、う~ん・・・まだまだ伸びシロはあります・・・

このスピーカーでパワーアンプ聞き比べ。
11月の例会で登場したアムクロンD75ではなく、D75Aが登場。(いったい植木さんは何台アンプを・・?)
スピーカー改良前では、金田式アンプよりD75の方が音楽性の豊かさで優っていた。
D75AはD75の改良型で、より進歩したモデル。
でも改良後のスピーカーを鳴らすと、金田式に軍配が。
どんなスピーカーでもそこそこ鳴らすアムクロンと、質の高いスピーカーでないと真価を発揮しない金田式アンプ。
面白いものですね。

私の持ち込んだ音源、エヴァ・キャシディ「Ain’t No Sunshine」の評判が良く、
この曲が今回の試聴曲となりました。
車のラジオから流れてきた歌声が気に入り購入したCD。
全く知らない歌手でしたが、まだ世の中に素敵なアーティストがいっぱいいますね。(残念ながらこの人は故人ですが。)

次回は2月24日。

第49回札幌オーディオ同好会

12/23 らんぷうぇい

あんな記録的な豪雪の中でも、好事家のおじさん達はしっかり集結!
今回は忘年会!!
15338728_1049777228481290_4522643883971565336_n

15390865_1049785525147127_93968007123120142_n

15401165_1049785521813794_7264973924079644510_n

機材は主催植木氏のプリメインアンプ YAMAHA CA1000とらんぷうぇいの名物スピーカー マグネパン。

優れたデザインで名を馳せたCA1000、だけどちゃんと音を聴いたことがなかった。
YAMAHAのアンプって何かひ弱だというイメージを勝手にもっておりましたが、      やっぱり名器!パワー喰いのマグネパンをしっかりと鳴らしておりました。

お酒も入り、会員諸氏のオーディオや音楽への思い入れなどを語り合っていくうちにあっと言う間に5時間(15:00スタートでした。)が過ぎました。

次回は1月27日(金)。                             本来は第3金曜なのですが、1月20日に私を含む一部メンバーがアリルド・アンデルセン・トリオライブ行く為我儘をきいてもらいました。ライブも大事なので・・感謝!

らんぷうぇい 12/30も、NIGHT IN JAZZ営業するそうです。
大音量で音楽を楽しめます!!(年末行き場の無いお父さんは行くべし・・・)

追記:当会5年目に突入しておりました。
主催植木氏がテキトーな箱にフルレンジユニット嵌め込んだスピーカーから始まり           いまやケーブルの材質やノイズ対策、アンバランスとバランス接続の差異にこだわる等、       凄いことになっております。                                    ただ一貫しているのは「お金をできるだけかけない」ことです。                    なので私みたいなビンボ人が楽しく参加できます。                                                         それにマッキントッシュやマークレビンソンなどの名立たる名器も登場したけど、                  ネームバリューに惑わされること無く、自分の耳で確かめ実証していく姿勢です。            ややもすればブランドを並べることで成就感を味わう趣味ですが、当会ではそんなことで         安心できませんね。
ある意味厳しい道場なのかもしれません。

高音質・ローノイズテーブルタップ製作

フジクラCV-S コードを使用して高音質・ローノイズテーブルタップの製作。

・圧着工具 2スクエアー用 アマゾン他

<使用材料>

・ケーブル フジクラ600Vケーブル CV-S 2スクエアー三線(赤・黒・白)  2m

・プラグ  三線用 パナソニック WF5015  1個

・ニチフ   銅線用棒端子 TC2-16 6個  丸型 R3.5-5 1個

・テーブルタップボックス 外山 E19角型スイッチ TCS21K19  1個

・ツバ管 白  1個  ・結束タイ 15cm  数本  ・ビニールテープ 少々

・内部配線用 単線 2スクエア 赤・黒・白 20cmほど

・グランド配線 ねじ穴埋め用 トラスト5×10 ワッシャー ナット 4組

・コンセント パナソニック WTF13123WK 2個

・化粧パネル 新金属プレート 6コ用 WN7506 1個

 

・この線を使います。・ナイフ等で中の銅箔テープに傷を付けないように剥く

000

・プラグ側 銅線用裸圧着端子 TC2-16 3個を圧着

001

・銅箔と赤の線を半田付け

002

・プラグに挿して、ねじ止め

003

・ケーブルに予め加工したツバ管を通し、ボックスへ通す

T001

・ケーブルの皮膜を剥がす ビニールテープを巻き 結束タイを締める

T002

・棒端子を圧着

T003

・2個のコンセントを赤・黒・白線で配線 赤は圧着しボックスへねじ止め

T004

・CV-Sに棒端子を差込み配線完了

T005

・ボックスへねじ止め

T006

・化粧パネルを取り付ける

T007

・高音質・ローノイズテーブルタップの出来上がり

T008

一流メーカと比較しても音質的に自信が持てるテーブルタップが完成

 

インレット電源ケーブル製作

フジクラCV-S コードを使用してローノイズ高音質の電源コードを製作します。

・圧着工具 2スクエアー用 アマゾン他

・使用材料

ケーブル フジクラ600Vケーブル CV-S 2スクエアー三線(赤・黒・白)

プラグ  三線用 パナソニック WF5015  1個

インレット 8101  1個

圧着端子 ニチフ丸型 R2-3 3個   銅線用裸圧着端子 TC2-16 3個

A001

・この線を使います。・ナイフ等で中の銅箔テープに傷を付けないように剥く

000

・プラグ側 銅線用裸圧着端子 TC2-16 3個を圧着

001

・銅箔と赤の線を半田付け

002

・プラグに挿して、ねじ止め

003

・インレット側に ニチフ丸型 R2-3 3個 を圧着

004

・インレット 8101へねじ止め

005

・出来上がり

006

・これで、どこのメーカーよりも音質の良い電源コードの出来上がり。

第48回「札幌オーディオ同好会」

15085578_1026118544180492_8488206471191944715_n

15078526_1026118607513819_3312760671199073394_n

15085488_1026118614180485_3013454282021493459_n

15135827_1026118660847147_632543498664655806_n

15107423_1026118420847171_3720112096376862237_n

11月18日らんぷうぇい

今回は
1 ホーンツィーター
植木氏保有のホーンツィーター。
自宅でホーンを外したところレンジが拡がり滑らかになったというので聞
き比べてみることに。
言われてみれば、確かに滑らかではあるが、届かない感じ、ボーカルの定位がはっきりし    ない。
この会場ではやはりホーンがあった方が良い様な・・・

2 パワーアンプ
金田式1号機、金田式2号機(ノイズ対策済)のアンバランス接続、バランス接続、
そして当日届いたばかりのアムクロンD75の比較。

記載した順に音が良くなっていく。

金田式の段階的変化は分かるのですが、早くゴールに行ってしまいたい気
持ちになる。
この辺の違いを楽しむのがオーディオ道なのでしょうか?
まだ私はこの境地に達していない・・
というかいい”音楽”さえ聴ければ良い人なので・・・

驚いたのはアムクロンD75です。
論評させる余地の無い”音楽”として押出し。
S崎師匠によると、金田式はスピーカーを選ぶけど、アムクロンはどんな
スピーカーもそこそこ鳴らしてしまうとのこと。
もっと上があるのでしょうが充分ですね。
「オーディオ同好会」の記事なんですが、どうも筆者(櫻田)は徹底した
オーディオ探求より、音楽聴く道具としての妥協点を模索しているの
で、”音楽”がイキイキと鳴れば、「もういいや!」と思ってしまうのです・・
メンバー持込みのCDジンジャー・ベイカー「why」が面白かった。

次回は12/23(祝)、15:00から忘年会!
会員持込みのおすすめ音源、機器自慢など出るのかな~?

SQ38FD MKⅡをオークションに出品しました。

10月30日にオークションに出品しました。

各画像はクリック2〜3回で拡大します。

SQ38FD MKⅡ の真空管の柔らかい音はさらに良くなり、高音の領域は周波数は広がり、低音はより安定しました。

【 補 足 】

トーンのBASSのスイッチの”ガリ!”は修理完了です。 作業内容の効果
①ロータリーSWは無水アルコールで清掃し接触が良くなり。音が綺麗になる。

②カナレ電気のOFCラインケーブルに交換で今まで出ていなかったハイハット等の高音が前に出てきました。又、ノイズが減ってひずみの少ない音になった。

③スピーカーラインのケーブルを今までの単線からカナレの4S6に交換で今まで聞こえなかった中高音の明瞭度が上がった。

④⑤⑦信号ラインのコンデンサと抵抗は経年変化で劣化、この交換によって、低音から高音までの信号を再生

⑥ボリュームは、スタジオ等で使用の高性能に交換。10年以上は安心して聞けます。

⑧電源部のコンデンサが劣化していた。新品交換により低音が安定した。

 

1_38FD 2_38FD 3_38FD 4_38FD 5_38FD 6_38FD IMG_5642 IMG_5643 IMG_5644 IMG_5645 IMG_5646 IMG_5647  IMG_5649 IMG_5650 IMG_5651 IMG_5652 IMG_5653 IMG_5654 IMG_5655 IMG_5656 IMG_5657 IMG_5658 IMG_5659 IMG_5660 く IMG_5662 IMG_5663 IMG_5664 IMG_5665 IMG_5666 IMG_5667 IMG_5668 IMG_5669

LUXMAN SQ38FD MK-Ⅱ 難あり
商品説明 SQ38FDの改良型にあたる38シリーズの管球式プリメインアンプ。
カップリングコンデンサがフィルム型に変更されています。
SQ38FDの仕様は>こちら
外観は、パネルがブロンズになり、ツマミが少し平たく変更されています。
SQ38シリーズの4代目にあたる管球式プリメインアンプ。出力管にはNECの三極管50CA10を採用し、出力トランスにはOY15型を使用しています。
これにより、澄んだ中高音と安定した中低音を実現しています。●難ありの問題点。
トーン回路の部品は交換していません。
スイッチの清掃はしましたが、トーンのBASSのスイッチが時々”ガリ!”といいます。
音量とバランスのボリュームは新品ですが、スピーカー切り替えは新品ですが、その他のスイッチは現状品のままですので、ご納得いただける方のみ入札をお願いします。測定はしていません。古いものですので仕様の保障は致しませんので納得できる方のみ入札をおねがいします。●故障等の修理について
ご相談はお受けしますが、基本的には保障はありません。ご了承下さい。●付属品
インレット3P電源コード 1本
真空管 EF86(6267) 2本
6DT8 2本
12AX7A 6本
※おまけです。LUXMAN SQ38FD MK-Ⅱ \168,000(1974年9月発売)
型式 管球式プリメインアンプ
連続実効出力 30W+30W(4Ω、8Ω、16Ω)
全高調波歪率 0.7%以下(最大出力時)
周波数特性 20Hz~20kHz -1dB
入力感度/インピーダンス Phono1、2:2.2mV/50kΩ
Aux1、2、3:200mV/200kΩ
SN比 Phono:60dB以上
Aux:70dB以上
トーンコントロール LUX方式NF型湾曲点周波数切換付
残留雑音 1mV以下
付属装置 ハイフィルター
ローフィルター
メイン部入力レベルセット
テープモニタースイッチ及び端子
DIN規格テープコネクター
外形寸法 幅476×高さ190×奥行335mm
重量 18kg

●オークションへ出品することになった理由。
1、ひどい音質
私の手元に届いたのは昨年の年末。ならしてはみたものの高音は詰まって、低音はボワボワ・・・
本来のSQ38FDとは程遠い内容でした。

2、どこまでいじって音質を良くするか!
定番は、カップリングコンデンサ・信号ラインのコンデンサや抵抗の交換ですが、この時代の信号ケーブルは音質が悪い(以前KMQ-60レストアで経験)。信号ラインケーブルの交換なんて、したくない???? ← 大変だから

3、やるのだったら徹底したら・・・ の神の声が!
エー! そこまでやるのですか! 弄るのでしたら部品交換だけにしておけば良いのに信号ケーブルの交換なんてとんでもない!!

4、結局、作り直しになってしまった。
と、云うより最初から作るよりメンドクサイ! 結局、以下の内容について手を加えることになりました。

5、作業内容
①、フロント・背面パネルの配線を全部はずす。
交換できるボリュームは新品に交換ロータリーSWは無水アルコールで清掃。

②、信号ケーブルは全交換。
短くてもシールドケーブル使用(LAXMANは短いと単線)カナレ電気のOFCラインケーブル、外形4mmのGS-4使用。この上の(太い)ケーブルは50kHzまで100mでロスはほとんどゼロ、こちら http://www.canare.co.jp/pr4_016.php

③、スピーカーラインのケーブルも交換。
4S6を使用。この上の(太い)ケーブルは30kHzまで-2dBでフラット

④、フォノイコライザ部品交換。
帰還素子交換、カップリングコンデンサをメタライズドフィルムに交換、真空管のカソード抵抗と電解コンデンサ交換

⑤、フラット・トーン回路。
帰還抵抗・信号ラインの抵抗交換、カップリングコンデンサをメタライズドフィルムに交換、真空管のカソード抵抗と電解コンデンサ交換

⑥ボリューム交換
音量・バランス・メインアンプのボリューム変更、アルプス高特性ボリューム27型金属軸タイプ RK271シリーズを使用。

⑦、メインアンプ部品交換
帰還抵抗・信号ラインの抵抗交換、カップリングコンデンサをメタライズドフィルムに交換、真空管のカソード抵抗と電解コンデンサ交換、三極真空管のバイアスボリューム交換。

⑧電源部
ブロックコンデンサを50μ3個を100μへ交換。40μを50μへ交換。電源プラグをインレット3Pへ交換。トランスグランドとシャーシーグランドを合わせ配線。

⑨、背面パネル
スピーカー端子をバナナ使用タイプに交換。

6、結局半年かかった!
仕事を終わって取り掛かる・・・ 始めは楽しかったのですが、途中からいやになって一月ほどお休み。それでも半年かかってやっと出来上がり。

7、音質は。大成功・・・?
慎重に各回路のチェック、音質はまあまあ・・・ メインの金田アンプと比較して、プリの金田アンプと比較して、真空管にしては高音が高速動作しているような。低音はコンデンサのせいかしまりのある低音(あくまでも個人的主観)

8、発売当初の規格は満たしているのか? 難あり!
正確な測定器は無いのでアバウトな報告をすると綺麗な音はしているので、規格は満たしていると思うのですが、分かりません。

9、動作チェック
Phono1/2:MMカートリッジで問題なし
Aux1/2/3:CDで各入力問題なし
音量・BALANCE・メインVR:問題なし
トーンVR:right BASS回転重たい
ロータリーSW:問題なし
カクレバーSW:BassSWガリほか問題なし
電源・SPSW:問題なし
Phoneジャック:問題なし

 

【 補 足 】
トーンのBASSのスイッチ。普段は問題ないのですが、を切り替える時に時々”ガリ!”といいます。 作業内容の効果
①ロータリーSWは無水アルコールで清掃し接触が良くなり。音が綺麗になる。

②カナレ電気のOFCラインケーブルに交換で今まで出ていなかったハイハット等の高音が前に出てきました。又、ノイズが減ってひずみの少ない音になった。

③スピーカーラインのケーブルを今までの単線からカナレの4S6に交換で今まで聞こえなかった中高音の明瞭度が上がった。

④⑤⑦信号ラインのコンデンサと抵抗は経年変化で劣化、この交換によって、低音から高音までの信号を再生

⑥ボリューム交換は、スタジオで使用したものを使った。これで10年以上は安心して聞けます。

⑧電源部のコンデンサが劣化していた。新品交換により低音が安定した。

SQ38FD MKⅡ の真空管の柔らかい音はさらに良くなり、さらに高音の領域は周波数は広がり、低音はより安定しました。

不明な点は(質問で)お問い合わせ下さい。

第47回「札幌オーディオ同好会」

14695451_998838676908479_2477194149539132415_n

14671368_998838496908497_3348406860610290099_n

14650526_998838693575144_1892121841923392940_n

14724604_998838630241817_652225393465822730_n上を足したり下を足したりという本日のメニュー。

1 スーパースワン+ベリリウムリボンツィータ
  前回の終わり際、試しに載せたツィーターがかなり効き目があったので、会員諸氏の評
価を賜りたくスーパースワンが再度登場!
  フルレンジ1発がスワンの魅力であり余計なことする必要ないという思いと、”より良い
音”を追求すべきだという思いが交錯しますが
  何でもやってみて皆で喧々諤々やるのが当会なので・・・

  私(櫻田)所蔵(死蔵かな?)のスピーカー、パイオニアS9500のベリリウムリボ
ンツィータ(RT3?)を取外し、スワンに載せてみるという企画ですが、植木氏に適切
なコンデンサを接続、デッドニングを施したケースに納めてもらいこの日初めてスワン
と合体。

2 植木氏のシステム+関井氏所有のEVサブウーファシステム+リボンツィータ
  関井氏所有のエレクトロヴィオスのパワードサブウーファシステムをチャンネルデバイ
ダーを介して接続。
 
それぞれ
 プリアンプ  :
  回 路:金田アンプ参考オリジナル回路
      PHONO EQ AMP= FET差動2段DCアンプ+出力バッファー
      FLAT AMP=FET差動2段DCアンプ
      バランス出力=FET差動オペアンプ使用

 メインアンプ :金田式メインアンプ R=50W L=50W で駆動。

上(ツィータ)を足すと低音が明瞭になり、下(ウーハー)を足すと高音の実体感が増すという現象にいつも驚きます。
勿論高域が伸び、低域の量感が増えるのは当然ですけど・・

 植木システムではアコースティック楽器のゆとりある響き方はなかなか。
 高域は伸びがありながら、刺激的ではない。
 サブウーハー効果は大きく外すと貧相に・・・こりゃ魔物ですね。
 
 ただロック(櫻田の持ち込んだフランク・ザッパ「OVERNIGHT SENSATION 」のオリジ
ナル盤)だとエッジ感が乏しい。
 カートリッジをデノンDL103Rからスタントンの安物MMに替えると少し張りが。
 MC型のDL103R、必ずしも万能では無いのですね。

 そこでスーパースワンにチェンジ。音のメリハリがついてザッパにはこちらが合うみた
い。
 小口径ゆえに、音の焦点が合い易く、リボンツィータで切れ味が増しているのか。
 高域を諦め、古い音源を骨太な音で楽しむスピーカーだと思っていたが、ツィータが載る
事で新しい音源もこなせるようなったようです。
 これはもう2ウェイ確定ですね。
 フルレンジ1発の魅力を損なわない程度に高音が足されています。

 植木システムの方が正確な音が出ているのは間違いないが、音楽の押出し、骨太感はスー
パースワンなのでしょうか。
 ロジックやスペックを超越した不思議なスピーカーです。
 

 あとはヴァン・ゲルダー刻印入りの、エルビン、ウェス盤を楽しみました。
 そうそう、ディアゴスティーニ社から出た「Kind of blue」も聴けました。
 フランスでのプレスらしいですがなかなか良い音でした。
  
 結局、今回は櫻田のスーパースワンが無事2ウェイになったということで、めでたしめで
たし・・・?