爆音鉄工場、再び

札幌の隣町の郊外にあるどんなに大きな音を出しても、誰も憚る必要が無い爆音鉄工場。
当会主催植木氏と再び来てしまいました~
植木氏は所蔵の機器を持ち込み、今度こそ”道場破り”を果たそうという企み・・・
18194005_1188160567976288_8644158470378139287_n

迎えうつS氏、今回は普段使いのオンキヨのアンプに替えて、サンスイのSANSUI AU-α907DR( 250,000円、1990年発売)をスタンバイ。
オンキヨも重量級の良いアンプだが、爆音では物足りない場面があり、このサンスイなら余裕で鳴るそう。
おおっ!確かに大音量で全く崩れず、小~中音量でもすっきり整った音。
強力なアンプは、小音量も良くなるのね。

機械より音楽好きの私としては、このまま色んなソースを鑑賞し続けたいのですが、
植木氏の意向を尊重し”機器比べ”に。
18193942_1188160561309622_5502582862441570674_n

植木氏が持ち込んだのは、
お手製のDAC、プリアンプ、ソニー製の業務用パワーアンプ(片チャン200W?)等。
ソニーパワーアンプ、爆音に耐えられず音割れ状態。
大音量でアンプが飽和するの初めて見ました。
重くてそこそこのスペックなのに、ここでは”へなちょこ”。
アンプの真の力が試されるのがこの鉄工場なんですね。

植木DAC+植木プリ+サンスイパワー部にしたところ、力感がありながら情報量が増え、細部表現も良しという状態に。
更にパワーアンプの電源コードを植木製にしてよりしっかりした感じに、これはけっこう効いたと思います。
サンスイの最後の煌きようなアンプと絶好調植木プリを堪能いたしました。

かけたのはS氏のジンジャー・ベイカーの諸作、ナベサダのマイク・スターンが参加した作品、ホルスト「惑星」、ジョージ・デューク、
私の梅津和時KIKIバンド、ケンドリック・ラマー、高木ブー(?)、マーラー5番等。
18157889_1188163747975970_7616479323665523030_n
クラシックは少しレンジが狭く、スケール感不足に感じました。JBL2ウェイの宿命か・・
まあジャズ、ロックがここまで鳴ればねえ。

不思議なことに前回ほど聴き疲れしませんでした。(アンプが良いから?)

第53回札幌オーディオ同好会

4月21日 らんぷうぇい

植木氏製VS福澤師匠製のアンプ対決!

18033355_1179537028838642_7847933718747492476_n

その前に、植木スピーカーの高域ユニットが進化。
あまり評判の良くなかった安物ホーンツィーターのホーンを外した振動板むき出し型からなんとハイルドライバーに。

レンジが伸び、切れ込みながら品位の良い高音。
(私もADAM F7で同型使用してるので共感!)
こうなると低音部が貧弱なんだよなあ~、バランスとるのって難しい・・・

さてアンプ対決。

18033256_1179537022171976_6175727222787039617_n
共に金田式アンプ、プロとして長年製作してきた福澤師と、最近めきめき腕を上げてきた(らしい)植木氏の師弟(?)対決。
福澤師は「ニューヨークで生のチャーリー・パーカーを観た事がある」方で、技術者である以前に(以後でもいいのですが)ジャズファンである。ジャズを愛好する耳を持つ人が作るオーディオこそ信ずるに値すると私は思います。
「理屈に合わないことはやらない、極力悪い要素を取り除く」ことで、滓が沈殿して澄んだ水の如き、大音量でも静かに聴こえる師のシステムに到達したと推察します。

対する植木氏は電気的知識、理解力は高いレベルにありますが、本格的アンプ作りはここ数年前から始めたばかり。
おまけに音楽的素養もあまりない。(ご本人が認めてます。)
しかし尋常ではない製作能力、吸収力、応用力で急成長中。
金田アンプの肝は福澤師から教示を受け、音楽的素養の無さは、録音のプロである、SE師範、SI師範の耳とスタジオを借りて補い(どころでは無いですね、最強のアドバイザーですね)まんまと音作りに成功!

18034082_1179537082171970_9219635250271191721_n

対戦結果ですが、
プリアンプはほぼ互角ですが、繊細さとフォノイコが植木製に分があった。
パワーアンプでは、
すっきりした植木製に対して、骨太な躍動感がある福澤師に軍配。

プリアンプが互角なら、そう違いは出ないと思いましたが、ゆとりと言うかコクと言うか、若干の”差”がありました。
植木プリ+植木パワー<福澤プリ+福澤パワー<植木プリ+福澤パワーということでしょうか。

植木製プリの所有者である私も、大いに自信を深めました。
(私にはオーバークオリティ?)
植木氏もここまで来た!と言うべきか、頂上はまだ先なのか?

18057974_1179537078838637_8212810640337128146_n

日進月歩の植木オーディオ。
初期の石器時代的状況から、ある部分では現代のハイエンドオーディオを凌駕しつつあり、その過程を”わいわいがやがやなんだかんだ”と叱咤激励して楽しんできたのが当会の歴史だと思います。
きっと次回も何か企んでくるに違いない植木氏にご期待!

次回は5月26日(金)。

第52回札幌オーディオ同好会

3月24日 らんぷうぇい

今回は植木氏製のプリアンプ1号機と2号機の比較。
17342730_1149086555217023_2027441090414343395_n
2号機は私(櫻田)のモノになる予定なので、私のメインスピーカー ADAM F7につないで鳴らしてみることに。
なのでパワーアンプはF7の内臓アンプ(7インチウーハー用60W、ハイルドライバー用40Wの2ウェイマルチ)になります。

17499299_1149086558550356_5530059364415871246_n

プリアンプの比較の前に、現在私が使っているボリュームボックスの音を確認。
DACとパワードスピーカーの間に入れている植木氏製のもの。
植木氏は「作ったのは自分だけど、プリアンプと比べるべくもないガラクタ。」と言うが、”パッシブアッテネーター等の余計な回路等入らないほうが良い”というオーディオの行き方もあるし、(プリアンプ無用論もありますよね。)
プリアンプの導入で改善されるか確かめておきたかったのです。
はい、瞬殺でした。レンジが狭くて平板で分離が悪い。
音の増減ができることとの引き換えには劣化がひど過ぎます。

17342481_1149086565217022_271947618763214959_n
試聴用音源はブルーノートの45回転LP、SOMETHING ELSEの枯葉で聞き比べ。

カートリッジは私のオルトフォンのVMS20E(30年以上前のものとりあえずまだ音が出る・・)だったのですが、どうも冴えない。
オーディオテクニカのAT120Ea(これも古い・・)に替えるとすっきりした音に。自宅ではこれほど違いが分かりませんでした。
カートリッジの違いを明瞭に表現できることを確認。
もうこれでオルトフォンの出番は無くなるのか・・

2台とも同じ回路構成、筐体の振動対策、配線のノイズ対策徹底したものなので、そう違いは無いはず。

1号機は濃くて、少々ドロドロしたしつこい感じ。
2号機はすっきりした高品位な感じ。
差と言うか、違いと言うか・・・
そこで2台のアンプ位置を置き換えてみた。
実はSi師範の指示だったのですが、「そんなことで変わるわけ無いだろ~、めんどくせ~」と思いながら動かしたのですが、これが驚き!音も入れ替わった!
いつものことですがお見それしました~

元々の1号機の位置はスピーカーに近く、その影響が出たのか?
この繊細さに驚く反面、セッティングの難しさに思いやられる・・・

例会前に、この2台は月寒の某スタジオで徹底的に調整されており、
Se師範が「これはいいモノを手に入れたよ~、スタジオのスチューダーのミキサーとまではいかないけど民生品のアンプなんか目じゃないよ~」と耳元で囁く。
「マークレビンソン越えですかぁ~?」
「うん!まあ好みの問題だけどねぇ・・」と言ったかどうか?

次回は4月21日。

■再生のシステム
1,プリアンプ  :
回 路:金田アンプ参考オリジナル回路
PHONO EQ AMP= FET差動2段DCアンプ+出力バッファー
FLAT AMP=FET差動2段DCアンプ
バランス出力=FET差動オペアンプ使用
入 力:PHONO=MC,MM切替
DAC
AUX
出 力:RCA、バランスXLR
サイズ:W=320mm H=80mm D=240mm
重 量:約5.4kg
2,メインアンプ :パワードスタジオモニター ADAM F7
3,スピーカー  :F7
4,プレーヤー  :
5,DAコンバータ:植木DACアナログ基板使用のDAC

会員訪問~爆音鉄工場

16996531_1126177197507959_7078648702762860477_n
某日、代表植木氏とS氏の職場を訪ねました。
S氏の職場は郊外の鉄工所。
そこにスピーカーJBL4430、ヤマハNS1000、ダイヤトーンDS77Zを並べ
気兼ねなく爆音を楽しんでおられる。
例会ではいつも低音が物足りないと不満を述べていたので、
それなら聴かせてもらおうじゃないか!
なかば道場破りの気持ちで押しかけたのでしたが、あっさり返り討ちに。

17022179_1126177207507958_1625105811636240628_n
半端ない大音量、下手なホールやライブハウスよりでかい。
これ以上の爆音って経験したことがないです~
スピーカーってこんなに大きな音出せるんだ、驚き!
大音量で聴くことで、音源に入っている総てが見えてくる感じ。

ヤマハは情報量多いのですが、やや神経質、ダイヤトーンが値段のわりに健闘。
でもやっぱりJBLですね。伸び伸びとライブステージを表現。
このスピーカー、正直見くびっておりました。
この大音量にへこたれることない鳴りっぷり、脱帽です。

「大音量は正義!!」だと思いました。
低音の快楽ばかりでなく、大きな音の隙間から隠れた情報が聴こえてきます。

日本の一般住宅にあるほとんどのスピーカーは本当の実力を発揮しないままちんまりと鳴っているのでしょうねえ。
8畳間に3セットもスピーカー置き、嫁に怒られない様気を使いながら夜な夜な音楽を聴いている私から見れば、かなわぬ夢の空間です。

しかし大型システムの大音量による”拡大鏡”的表現だけがオーディオではありません。
負け惜しみじゃないです。
所詮、”幻”を追い求める趣味ですから色んなやり方があるはずです。
”常識的”な音量でも、充分音楽のダイナミズムを感じ、”拡大”できずともきちっと”焦点”のあった表現を探求することは可能だと思います。と言うか、それしか道が無い・・・

でかいスピーカーでデカイ音を鳴らす・・・
鳴らせるなら、やっぱこれが一番ですか・・・
また爆音浴びに行きたい!

第51回 札幌オーディオ同好会

2/24 らんぷうぇい

16939150_1126176520841360_1282850342801705305_n
今回はMarantzのプリメインアンプ PM-99SE(1992年発売 33万円!)の試聴と植木氏作製の金田式プリアンプ1号機と2号機の比較。
マランツのアンプはでかいトランス、コンデンサーを搭載し重量26㎏、A級動作なら30W+30W(8Ω)、B級なら130W+130W(8Ω)でさほどハイパワーではない分、ゆとりのある設計になっているのでしょうか。ノイズ対策もできるだけのことはしており、今ならとんでもない値段になるのでしょうねえ。
出て来た音は、ゆったりした感じはあるが、凄さはあまり・・・
金田式アンプの情報量と明瞭な表現の前であっけなく敗退・・・

16996491_1126176470841365_8118671715589771011_n

金田式プリアンプ。
シャーシ剛性とノイズ対策にこだわった1号機と回路構成は同じながら
配線の取り回し等信号経路を見直し、更に改良を重ねた2号機。
回路構成が同じプリアンプ、違いがあったとしても大勢に影響の無い微差だろうと
思ってましたが、明瞭度がはっきり違いました。
1号機もかなり繊細で分解能が高いものでしたが、2号機の前ではもう・・・
実はこの2号機は私(櫻田)のモノになる予定でありましてとても楽しみになってきました。
いったい市販機のどのクラスに相当するのでしょうかねえ?
マークレビンソンあたりと勝負できるのか・・・

F氏がお手製のプリアンプとパワーアンプを持参してくれました。
プリはゲインを稼がずに音質優先の設計で電圧がどうのこうの・・・わからんので割愛。
パワーは人造大理石を使ったルックスが良い。
端正な音に聴こえました。
16996005_1126176474174698_6877411350955963862_n

部品や回路について語る人から、私のようにメカ音痴だけど出てくる音楽に興味のある人まで
多様性の富んでいるのが当会の良い所?

次回は3/24です。

第50回札幌オーディオ同好会

5907

5909

6124

6125

1/27 らんぷうぇい

おおっ!記念すべき第50回でしたが、いつもどおり粛々と。

今回は植木氏のスピーカー改良版。
中域にドライバーホーンを導入。
F師匠宅にあったものを植木氏が譲り受けた。
JBL方面が中国のOEM先に依頼した試作品らしい。
へら絞りによって成形されたチタンダイヤフラムを搭載した本格的なもの。
ドライバーは固そうな木材で覆われた豪華仕様。
明らかに以前のドーム型とは次元が違う。
25cmウーハーには小さい箱、安物ホーンツイーターのホーンを取外して振動板むき出しにしたツィーターなので
中域だけ良くなっても、う~ん・・・まだまだ伸びシロはあります・・・

このスピーカーでパワーアンプ聞き比べ。
11月の例会で登場したアムクロンD75ではなく、D75Aが登場。(いったい植木さんは何台アンプを・・?)
スピーカー改良前では、金田式アンプよりD75の方が音楽性の豊かさで優っていた。
D75AはD75の改良型で、より進歩したモデル。
でも改良後のスピーカーを鳴らすと、金田式に軍配が。
どんなスピーカーでもそこそこ鳴らすアムクロンと、質の高いスピーカーでないと真価を発揮しない金田式アンプ。
面白いものですね。

私の持ち込んだ音源、エヴァ・キャシディ「Ain’t No Sunshine」の評判が良く、
この曲が今回の試聴曲となりました。
車のラジオから流れてきた歌声が気に入り購入したCD。
全く知らない歌手でしたが、まだ世の中に素敵なアーティストがいっぱいいますね。(残念ながらこの人は故人ですが。)

次回は2月24日。

第49回札幌オーディオ同好会

12/23 らんぷうぇい

あんな記録的な豪雪の中でも、好事家のおじさん達はしっかり集結!
今回は忘年会!!
15338728_1049777228481290_4522643883971565336_n

15390865_1049785525147127_93968007123120142_n

15401165_1049785521813794_7264973924079644510_n

機材は主催植木氏のプリメインアンプ YAMAHA CA1000とらんぷうぇいの名物スピーカー マグネパン。

優れたデザインで名を馳せたCA1000、だけどちゃんと音を聴いたことがなかった。
YAMAHAのアンプって何かひ弱だというイメージを勝手にもっておりましたが、      やっぱり名器!パワー喰いのマグネパンをしっかりと鳴らしておりました。

お酒も入り、会員諸氏のオーディオや音楽への思い入れなどを語り合っていくうちにあっと言う間に5時間(15:00スタートでした。)が過ぎました。

次回は1月27日(金)。                             本来は第3金曜なのですが、1月20日に私を含む一部メンバーがアリルド・アンデルセン・トリオライブ行く為我儘をきいてもらいました。ライブも大事なので・・感謝!

らんぷうぇい 12/30も、NIGHT IN JAZZ営業するそうです。
大音量で音楽を楽しめます!!(年末行き場の無いお父さんは行くべし・・・)

追記:当会5年目に突入しておりました。
主催植木氏がテキトーな箱にフルレンジユニット嵌め込んだスピーカーから始まり           いまやケーブルの材質やノイズ対策、アンバランスとバランス接続の差異にこだわる等、       凄いことになっております。                                    ただ一貫しているのは「お金をできるだけかけない」ことです。                    なので私みたいなビンボ人が楽しく参加できます。                                                         それにマッキントッシュやマークレビンソンなどの名立たる名器も登場したけど、                  ネームバリューに惑わされること無く、自分の耳で確かめ実証していく姿勢です。            ややもすればブランドを並べることで成就感を味わう趣味ですが、当会ではそんなことで         安心できませんね。
ある意味厳しい道場なのかもしれません。

高音質・ローノイズテーブルタップ製作

フジクラCV-S コードを使用して高音質・ローノイズテーブルタップの製作。

・圧着工具 2スクエアー用 アマゾン他

<使用材料>

・ケーブル フジクラ600Vケーブル CV-S 2スクエアー三線(赤・黒・白)  2m

・プラグ  三線用 パナソニック WF5015  1個

・ニチフ   銅線用棒端子 TC2-16 6個  丸型 R3.5-5 1個

・テーブルタップボックス 外山 E19角型スイッチ TCS21K19  1個

・ツバ管 白  1個  ・結束タイ 15cm  数本  ・ビニールテープ 少々

・内部配線用 単線 2スクエア 赤・黒・白 20cmほど

・グランド配線 ねじ穴埋め用 トラスト5×10 ワッシャー ナット 4組

・コンセント パナソニック WTF13123WK 2個

・化粧パネル 新金属プレート 6コ用 WN7506 1個

 

・この線を使います。・ナイフ等で中の銅箔テープに傷を付けないように剥く

000

・プラグ側 銅線用裸圧着端子 TC2-16 3個を圧着

001

・銅箔と赤の線を半田付け

002

・プラグに挿して、ねじ止め

003

・ケーブルに予め加工したツバ管を通し、ボックスへ通す

T001

・ケーブルの皮膜を剥がす ビニールテープを巻き 結束タイを締める

T002

・棒端子を圧着

T003

・2個のコンセントを赤・黒・白線で配線 赤は圧着しボックスへねじ止め

T004

・CV-Sに棒端子を差込み配線完了

T005

・ボックスへねじ止め

T006

・化粧パネルを取り付ける

T007

・高音質・ローノイズテーブルタップの出来上がり

T008

一流メーカと比較しても音質的に自信が持てるテーブルタップが完成

 

インレット電源ケーブル製作

フジクラCV-S コードを使用してローノイズ高音質の電源コードを製作します。

・圧着工具 2スクエアー用 アマゾン他

・使用材料

ケーブル フジクラ600Vケーブル CV-S 2スクエアー三線(赤・黒・白)

プラグ  三線用 パナソニック WF5015  1個

インレット 8101  1個

圧着端子 ニチフ丸型 R2-3 3個   銅線用裸圧着端子 TC2-16 3個

A001

・この線を使います。・ナイフ等で中の銅箔テープに傷を付けないように剥く

000

・プラグ側 銅線用裸圧着端子 TC2-16 3個を圧着

001

・銅箔と赤の線を半田付け

002

・プラグに挿して、ねじ止め

003

・インレット側に ニチフ丸型 R2-3 3個 を圧着

004

・インレット 8101へねじ止め

005

・出来上がり

006

・これで、どこのメーカーよりも音質の良い電源コードの出来上がり。