札幌オーディオ同好会 第62回例会

1/19 らんぷうぇい

今回は
植木製プリアンプ改造ヴァージョンとパワーアンプ
福澤製プリアンプとパワーアンプ
福澤師が平面スピーカーを持参

前回、私がプリメインアンプで最強ではないかと思っていたsansui AU-α907DRを
一蹴した福澤アンプ。
植木氏がそのプリアンプを借り、自宅でじっくり研究を重ねノウハウを盗み(?)、
自身のプリの配線、電源トランス等を載せ替え電圧数値を上げた(ほぼ新作ですね)渾身の改造版。
今度こそ師匠越えか?!

まずは挑戦者植木プリ。
おお、更に磨きがかかり”改良”されたことがわかる。
バランス接続ではかっちりくっきり。
アンバランス接続ではマイルド、私には少し眠たく感じる。
ここで植木氏の信じられない一言が!!
「バランスよりアンバランスの方が情報量多くねぇ?
オペアンプ入ってる分、バランス回路は不安定?」

おいっ!おいっ!
今までのバランス・アンバラ論争は何だったのですかあ?
結局バランス接続の方が”よく”聴こえていたのは回路の優位性ではなく、
たまたまオペアンプを通った音の方が、マシに聴こえたという固体差に過ぎないということなの?
距離やケーブルの質の影響を受けないという利点はあるにせよ、
”バランスの方が良いということは理論的に有り得ない”と言っておられた
電送の専門家、福澤師匠にナマイキなことを言ったのは・・・
26734268_1423558964436446_7001565020850050847_n

理詰めで迫ってきた植木アンプに対して王者、福澤アンプは音楽が気持ちよく聞こえる。
回路方式とかスペックはほぼ互角なんでしょうが、
同じ型番でも音のいい初期のFETを使っているとか吟味を重ねた結果のようです。
長年の経験と腕を持ち、パーツを吟味して作った一点もの、
メーカー製では不可能な領域にある、ハイエンド以上のカスタムアンプかと。

正直、アンプやバランス・アンバラの比較なんて、地味で微々たる違いで
メンドクセエことなんですけど。
今回の機器は私程度でも違いがわかるものでした。
これは透明度が増すほど、わずかな濁りが目立つということなんでしょうか。

n92468019_1
福澤師が持ち込んだ平面スピーカーのスペックは
サワフジ DP-12
厚さ2.5センチ
ダイヤフラム(透明プラスチック?)・ボイスコイル一体構成
多数の棒状マグネットを使用
インピーダンス 4Ω
最大入力 150W
音圧レベル 84dB
サイズ 16x16cm
重量 665g
(※写真撮り忘れたので、ネット方面から借用・・いいのか?)
というものを片チャンネル2本ずつ平面バッフル板に組み込んだ物。
どうやっても重低音は望めないが、抜けの良い鳴りっぷり。
高域も伸び、”何をやっているのか”がはっきり聞き取れる。
本でも読みながら、ギターとボーカルなんぞを中音量以下で楽しむのにいいかも。
でも10cmフルレンジ(FE103あたり)で充分低音も楽しめますけど・・・
珍品・・・

無題
試聴ソフト、チャールス・ロイド「ザ・ウォーター・イズ・ワイド 」が好評でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>