札幌オーディオ同好会 第56回例会

8/25 らんぷうぇい
21106575_1302860586506285_5675748657845736499_n
今回は微細な聞き分け・・・・
植木氏製のDAC3台の比較試聴。
①標準機
②抵抗等素材を吟味した改良機
③筐体を頑丈なものにし、トロイダルトランス3個ぶっこんで、素材、配線の取り回し、ノイズ対策した新作
21151747_1302860716506272_3260843215171480415_n
体調悪いせいもあり私程度にはどれも似たように聞こえるのですが、
違うと言えば多少違う・・・?

①を従来の標準サウンドとすると、
②は品位が上がってすっきりした感じ。
③は情報量が多く、音源ソフトの正体を暴いてしまう感じ。

プロ的な耳の持ち主には③が機械として優れているらしいが、
私個人は②の音楽的まとまりの良さを好む。

情報量ねえ~
安い機器では聞こえなかった音が、高性能機器で聞こえてくるというのはオーディオの醍醐味のひとつですけど、”音楽を聴くこと”にホントに必要なことなんでしょうかねえ?
弦を擦る音、ピアノの鍵盤に爪が当たる音、奏者のうめき声や鼻息、呼吸音・・・
そんなもん聞こえなくたって、むしろ聞こえない方がいいような・・
自宅で録音の音質に捉われずに作品の音楽的評価(偉そう・・良し悪しがわからなくなった時に聞くことが多いです。)をするときはサブシステムの10cmスピーカー(フォステクスFE103)を聴くことにしています。
メインシステムだと大した演奏でなくても音質にごまかされたり、録音の粗が聞こえてしまったりするので・・
オーディオマニアに評価される録音の良い盤はだいたい内容が”ソウデモネェ”ことが多いしウッドベースからあんな重ったるい低音出るわけないし・・(オーディオマニアに喧嘩売ってるのか?)
多少音悪くても、”中身のある音楽”を私は選びたい。
機器の”微細な部分”にこだわらなくなるのならオーディオを止めた方がいいのか?
いやそうじゃない、いろいろ試行錯誤した結果、”ほどほどオーディオ”(日本の一般的な住宅で音楽を楽しめる)の境地にたどり着いたのですね。
個々のオーディオの探求ポイント、”爆音””ブランドもの””ビンテージ”等などの中で私は”ほどほど”を追い求めているのか・・・
会場では技術者どうしのバランス接続や電位について論戦が繰り広げられているなか、私はこんなことを考えていたのです。
21034167_1302860733172937_6200514112966739096_n
次回は9月22日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>