第47回「札幌オーディオ同好会」

14695451_998838676908479_2477194149539132415_n

14671368_998838496908497_3348406860610290099_n

14650526_998838693575144_1892121841923392940_n

14724604_998838630241817_652225393465822730_n上を足したり下を足したりという本日のメニュー。

1 スーパースワン+ベリリウムリボンツィータ
  前回の終わり際、試しに載せたツィーターがかなり効き目があったので、会員諸氏の評
価を賜りたくスーパースワンが再度登場!
  フルレンジ1発がスワンの魅力であり余計なことする必要ないという思いと、”より良い
音”を追求すべきだという思いが交錯しますが
  何でもやってみて皆で喧々諤々やるのが当会なので・・・

  私(櫻田)所蔵(死蔵かな?)のスピーカー、パイオニアS9500のベリリウムリボ
ンツィータ(RT3?)を取外し、スワンに載せてみるという企画ですが、植木氏に適切
なコンデンサを接続、デッドニングを施したケースに納めてもらいこの日初めてスワン
と合体。

2 植木氏のシステム+関井氏所有のEVサブウーファシステム+リボンツィータ
  関井氏所有のエレクトロヴィオスのパワードサブウーファシステムをチャンネルデバイ
ダーを介して接続。
 
それぞれ
 プリアンプ  :
  回 路:金田アンプ参考オリジナル回路
      PHONO EQ AMP= FET差動2段DCアンプ+出力バッファー
      FLAT AMP=FET差動2段DCアンプ
      バランス出力=FET差動オペアンプ使用

 メインアンプ :金田式メインアンプ R=50W L=50W で駆動。

上(ツィータ)を足すと低音が明瞭になり、下(ウーハー)を足すと高音の実体感が増すという現象にいつも驚きます。
勿論高域が伸び、低域の量感が増えるのは当然ですけど・・

 植木システムではアコースティック楽器のゆとりある響き方はなかなか。
 高域は伸びがありながら、刺激的ではない。
 サブウーハー効果は大きく外すと貧相に・・・こりゃ魔物ですね。
 
 ただロック(櫻田の持ち込んだフランク・ザッパ「OVERNIGHT SENSATION 」のオリジ
ナル盤)だとエッジ感が乏しい。
 カートリッジをデノンDL103Rからスタントンの安物MMに替えると少し張りが。
 MC型のDL103R、必ずしも万能では無いのですね。

 そこでスーパースワンにチェンジ。音のメリハリがついてザッパにはこちらが合うみた
い。
 小口径ゆえに、音の焦点が合い易く、リボンツィータで切れ味が増しているのか。
 高域を諦め、古い音源を骨太な音で楽しむスピーカーだと思っていたが、ツィータが載る
事で新しい音源もこなせるようなったようです。
 これはもう2ウェイ確定ですね。
 フルレンジ1発の魅力を損なわない程度に高音が足されています。

 植木システムの方が正確な音が出ているのは間違いないが、音楽の押出し、骨太感はスー
パースワンなのでしょうか。
 ロジックやスペックを超越した不思議なスピーカーです。
 

 あとはヴァン・ゲルダー刻印入りの、エルビン、ウェス盤を楽しみました。
 そうそう、ディアゴスティーニ社から出た「Kind of blue」も聴けました。
 フランスでのプレスらしいですがなかなか良い音でした。
  
 結局、今回は櫻田のスーパースワンが無事2ウェイになったということで、めでたしめで
たし・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>