札幌オーディオ同好会 第56回例会

8/25 らんぷうぇい
21106575_1302860586506285_5675748657845736499_n
今回は微細な聞き分け・・・・
植木氏製のDAC3台の比較試聴。
①標準機
②抵抗等素材を吟味した改良機
③筐体を頑丈なものにし、トロイダルトランス3個ぶっこんで、素材、配線の取り回し、ノイズ対策した新作
21151747_1302860716506272_3260843215171480415_n
体調悪いせいもあり私程度にはどれも似たように聞こえるのですが、
違うと言えば多少違う・・・?

①を従来の標準サウンドとすると、
②は品位が上がってすっきりした感じ。
③は情報量が多く、音源ソフトの正体を暴いてしまう感じ。

プロ的な耳の持ち主には③が機械として優れているらしいが、
私個人は②の音楽的まとまりの良さを好む。

情報量ねえ~
安い機器では聞こえなかった音が、高性能機器で聞こえてくるというのはオーディオの醍醐味のひとつですけど、”音楽を聴くこと”にホントに必要なことなんでしょうかねえ?
弦を擦る音、ピアノの鍵盤に爪が当たる音、奏者のうめき声や鼻息、呼吸音・・・
そんなもん聞こえなくたって、むしろ聞こえない方がいいような・・
自宅で録音の音質に捉われずに作品の音楽的評価(偉そう・・良し悪しがわからなくなった時に聞くことが多いです。)をするときはサブシステムの10cmスピーカー(フォステクスFE103)を聴くことにしています。
メインシステムだと大した演奏でなくても音質にごまかされたり、録音の粗が聞こえてしまったりするので・・
オーディオマニアに評価される録音の良い盤はだいたい内容が”ソウデモネェ”ことが多いしウッドベースからあんな重ったるい低音出るわけないし・・(オーディオマニアに喧嘩売ってるのか?)
多少音悪くても、”中身のある音楽”を私は選びたい。
機器の”微細な部分”にこだわらなくなるのならオーディオを止めた方がいいのか?
いやそうじゃない、いろいろ試行錯誤した結果、”ほどほどオーディオ”(日本の一般的な住宅で音楽を楽しめる)の境地にたどり着いたのですね。
個々のオーディオの探求ポイント、”爆音””ブランドもの””ビンテージ”等などの中で私は”ほどほど”を追い求めているのか・・・
会場では技術者どうしのバランス接続や電位について論戦が繰り広げられているなか、私はこんなことを考えていたのです。
21034167_1302860733172937_6200514112966739096_n
次回は9月22日。

札幌オーディオ同好会 第55回例会

20526279_1281730071952670_7790508937663538318_n7/28 らんぷうぇい

今回はパワーアンプの比較試聴。
クラウンD45改と植木氏製金田アンプ。

すっきり繊細でソースの粗も目立たせる金田アンプ、
もっちりマイルドでどんなソースも聴かせるクラウンといったところでしょうか。

20525342_1281730225285988_3230604377126711858_n
珍しく妙齢のご婦人お二人が参加。
中島みゆきのファンで、持ち込み音源をかけてという。
これが曲者。
私も中島みゆきの楽曲は好きなんですが録音がいまひとつ。典型的な歌謡曲的音質。
アナログ時代の録音はまだましですが、最近のデジタル録音はボーカルだけが聞こえれば良いという造りみたい。
音楽的内容は別として、この音質では、当会でかけるわけには・・・
20476116_1281730138619330_1029693054584468250_n
でも優しいセッティングの鬼達(写真のお二人)が、スピーカーのユニット位置をずらしたりして位相等を調整したら、何とか聞けるレベルに持っていった。
経験値からくる執念、確信なんでしょうか・・・
めんどくさがりの私はいつも脱帽・・・

20431598_1281730078619336_2723229405434298256_n

今回は各テーブルで話が盛上がっている様子で、会として運営はぐずぐず、バラバラに見える局面もあったけどこれはこれでいい感じでしたね。
参加者相互のコミュニケーションが増してきた証拠?

次回は8/25。

恵庭オーディオ遠征再び

19598822_1252843684841309_400848056850834988_n7/1
オーディオ同好会のメンバーで先月に続き、また恵庭に押しかけました。
ひと様のシステムに、機器をつなぎまくり、挙句の果てにセッティングまで変えてしまう傍若無人ぶり。
”ほらほらもっと官能的な音が出せるだろ~”
大切な機器をオーナーの見ている前で技巧に長けたオヤジ達が太い指でいじくり回す・・・
お陰で、オーナーのK氏は烈火のごとく怒り・・・
ではなく「いやあ~、とても良くなりました~」と笑顔で礼を述べられ再訪となりました。

今回はSE師範のREVOXミキサー、パワーアンプ クラウンD75改等を持込み、ALTEC A5の徹底的調教!?
前回、並んでいるJBL4345のバスドラの重い音は出なくても、人の声の生々しさ、ラッパの張り出しは圧倒的にA5、このスピーカーにあった黄金期のジャズを心ゆくまで聞いてみたいという私の個人的な願いが直ぐにかなった訳です。

今回もA5のホーンの位置、角度をいじる。
角度を下向きにすると、ウーハーとのつながりが俄然良くなり、音像もぴたりと決まる。

いきなりメインディッシュのスリーブラインドマイスレーベルの名作、鈴木勲「ブローアップ」のサブマスターテープをかける。
ベース(ここではチェロ?)の弓弾きって、あんまり好きじゃなかったけど、ビリビリ弦の振動に心を揺すぶられ、思わずスピーカーの真正面に異動して聞き惚れてしまう。
ドラムがスティックを振りかざすのが見えてくる感じ!
もしかしたらライブより良い音かも・・・

しかし後半になると、何か覚めてくる、演奏に飽きたのか?音の鮮度が落ちたのか?
福澤師匠も後半のピアノ等が良くないと指摘。
スペシャル音源といえども、テープの劣化、磁気移り等は避けられないのか。
それでも前半はA5のベストと言える音が聴けたことは間違いないです。
音源、テレフンケンのテープデッキ、REVOXのプリ、クラウン D75A改のすべてが上手くかみ合った賜物でしょう。

ダイアナ・クラールの新作のCDとLPの聴き比べも。
私はこの人の”ジジ転がし、どうや好企画だろ~”的な作品作りがどうも好きになれないのですが、世の中の大方はいまやジャズボーカルの女王扱い。(私はひねくれ者?)
CDははったりきかせたような音、LPはまっとうな感じかな~
19601219_1252843771507967_3740522735071152921_n
LPをかけるために出てきたプレーヤーにびっくり!
ELACのリムドライブのオートチェンジャー!?
きっちりオート動作、リムドライブのゴロつきまったくしない。

最後に私がどうしても聞きたかったオーネット・コールマンのゴールデンサークルを無理やりかけてもらいました。
ブルーノートで一番音が良いのは本作だと信じており、
どうしてもA5で聴きたかったのです。
サックスもりもり~、おお~ドラムのシンバルがコワンコワン鳴ってる~
他の参加者無視で、独り悦に入っていることに気付き、7分経過したところで我に返りフェイドアウト・・・
恐る恐る振り向くと、福澤師匠が「いいんでない、これうちで聴いてみたいねえ~」とのお言葉、ほっとする。

自分の持ち込み音源をバンバン聴けた満足感と、自己中をちょっぴり反省・・・

SP音源をCD化したコールマン・ホーキンスのソロも良かったなあ・・・
19665620_1252843841507960_8570587711772013532_n

楽しかったひと時はあっと言う間に、ここは夢の空間・・・感謝!

札幌オーディオ同好会 第54回例会

 

 

 

19601390_1252839974841680_43885564334888038_n19748447_1252839961508348_5080129330130364850_n19598568_1252840074841670_8235473972603878303_n

6/30 らんぷうぇい

今回はパワーアンプ クラウンD75の改造前後の比較。
何でもいじくる代表植木氏がクラウンアンプを改造したところ、想定外の好結果。

長年、プロの標準機としてクラウンアンプを使ってきたSE師範がそれを認め、スタジオのアンプもいじってしまった。
スタジオで使っているREVOXミキサーとモニタースピーカー(JBL 改、ウーハーをALTECに換装)を会場に持ち込み、比較試聴。

改造点は
コンデンサーを容量の大きいものに交換
電線を交換、鉛シート等でノイズ対策
スピーカー端子をバナナプラグ対応(これって便利!)

試聴盤はチェット・ベイカー「CHET」のCD。

改造前だと、演奏者がマイクの前をうろついていたのが、
改造後はしっかり居場所が分かる。
さらにアンバランス接続からバランス接続にすると、情報量が増え、シンバルの
パフッという空気感も出てきたような。

しかしここで福澤師匠から「まった!」が。
『バランス、アンバランスで音が変わるというのは、実験結果でも理論でもあり得ない。バランスだから良いということは疑問・・』
(技術的なことはさっぱりな私の意訳的表現ですので・・)
実際にバランスの方が良く聞こえるしなあ~

そこへ恒例の(?)F氏製作アンプが乱入。
今回は新作のFETを使ったパワーアンプ。
前回同様薀蓄たっぷりの仕様のようですが、私には文章化できないので全て割愛。
出てきた音は、空間は狭いが演者が皆マイクの前に勢揃いして音が張り出す感じ。
福澤師匠によると、
”音が前に出てくるのは良いこと”というかけっこう難しいらしいです。
ジャズには好適か。

前回同様、技術論議が交わされるが、同時進行で音楽を流す。

無題

私が持ち込んだリッキー・リー・ジョーンズ「POP POP」が好評だった。
この唄声あまり好きじゃないのですが、チャーリー・ヘイデンのベースの音がとても良い。

次回は7/28。
明日は恵庭遠征!

音浴博物館

長崎出張の合間に、西海市に音浴博物館というのがあることを知り、長崎から20数Kmというので、ちょっと寄り道感覚で向った。
ところがとんでもない山道で1時間かかり、人家が全く無いこんな所にほんとにあるのか?と不安になりかけた頃にようやく着く。
学校の跡地に建てられた、オーディオ&骨董品の博物館。
一見、廃校建物に見えるが、建物は建て直したもの。
市の建物で個人のコレクションを市の委託で公開している形?
コレクションの持ち主は亡くなり奥様が館長とのこと。
館長不在時は、有志が案内役をしている。

とにかく何でも集める癖の人だったらしく
アイロン、和文タイプ、ガリ版、機械式計算機など昭和の日用品もどっさり。
子供のころはガリ版刷りが当たり前だったし、和文タイプは仕事で使ったことがあるけど、もう博物館ものなのね。

SPレコード1万枚、LPレコードはそれ以上?
それを自由に棚から出してかけ放題、聴き放題!
国内盤が多く、ジャズ、ロック、クラシック、歌謡曲などすべてのジャンルに及ぶ。

SP再生機は、恵庭にあったような名品とまではいかず、国産の電蓄型が多い。
(蠟管のシステムもありました。)
2017061210110000

LP用機器はレコードカートリッジはシュアータイプⅢ、マッキンのセパレートアンプ、スピーカーはJBL4345、テクニクスSB7000、ビクターS777、ダイヤトーン、ソニー等を切替え装置で鳴らす。
結線されていないが、タンノイ、ALTECも並んでいる。
ビクターS777がなかなか良い鳴りっぷり。
20170612100900002017061210100000

滞在1時間ではほんのさわり程度しか楽しめなかった。
何時間でもいたい、ジジイの楽園!

恵庭オーディオ遠征

5272
カオス例会の翌日、会員10数名で恵庭のオーディオマニアを訪ねた。
毎月SPレコード鑑賞会が開催されているホテルの広い部屋に
ALTEC A5とJBL4345が鎮座。
一度にこの大型スピーカーを並べて聞くことができるなんて!!

会場に着いた時には、既にJBLから音楽が流れていた。
(プリアンプはJBL、パワーはドイツのトーマン)
ビートルズのアビイロード、2トラ38のオープンテープ音源。
あれれっ?スペシャル音源のはずなのに、大音量だけど全然圧倒されない・・・
ALTECに切替えたところで、迫り来るものが無い・・・

偶然私の車にCD(2009年のリマスター盤)があるのを思い出し、
かけてもらう。
メリハリがあってこっちの方がいいんでないかい?
5271
まさかスペシャル音源がCDに劣る・・?そこからおじさん達に火が着いたみたい。
こちらの持込みアンプ(植木プリアンプ、F師匠プリアンプ・パワーアンプ、ソニー業務用パワーアンプ、クラウンD75A,植木DAC等)がとっかえひっかえ、そしてバランス接続、アンバランス接続・・・
1曲目「come together」の冒頭を一生分聞いた・・・

ここでセッティングの鬼二人(SE師範、SI師範)が動き出す。
オーナーK氏の了解を得てALTEC A5のドライバーホーンの位置調整。
従前よりも前にずらすことで、音の張り出しが劇的に変わる。

植木プリ、クラウンのバランス接続あたりでテープ音源が良くなり出す。
こうなるとCDは敵いません、でも簡単にまずまずの音が得られるCD(植木DAC使ってますけど)というかこのリマスター盤、優れものであることがわかりました。
(SE師範も誉めてた。)

人の声、ギターの切れ味、音の張り出し、中高音はALTEC、特にセッティング変えてから圧倒的。
しかしバスドラがなあ~。
重ったるいけどロックはJBLかなあ~・・・

A5に魅力を感じました。
機会があればロリンズやコルトレーンをA5で心行くまで堪能したいですねえ。
52703
会場でこの大型の名器達より目を惹くのが、数々の蓄音機達。
1回掛ける度に針交換しなければならいない、稀少かつ貴重なSPシステム。
出席者達の要望で鳴らしてもらいました。

電気増幅していないのに、想定外の音量と音の実体感に驚きです。
人が出した振動が溝に刻まれ、それがそのまま出てきたような感じ。
日頃、低音がぁ~、レンジがぁ~とか言ってるのが無意味になっちまうような・・・

会場には他にも、ウェスタンエレクトリックの755、ジョーダンワッツのフラゴンなんかもあった。(涎~)
おしかけジジイ軍団を受け容れて下さった恵庭の皆様ありがとうございました!
凄く楽しかったです!

第54回札幌オーディオ同好会

5/26 らんぷうぇい

ふぅ~、今回はカオスだあ~
5.261

当初の目論見は
植木アンプVST氏所蔵のマランツCA01(業務用プリアンプ)の対決でした。
マランツのピュアオーディオ部門の人が設計した業務用プリアンプ。
バランスの入出力も兼ね備え、”押出しの良さはなかなか、でも細部は金田式には及ばないかな~”
なんてのんびり比較試聴していたところに、F師匠のプリアンプ(電源が別筐体)とパワーアンプが加わる。
O氏の持ち込んだ過酷な試聴用音源、更にFU氏のお手製プリとパワーが乱入。
5.262
プリアンプ4台、パワーアンプ3台、それにバランス接続とアンバランス接続の比較が混ざる。
組合せが多過ぎる!!

乱戦の最中、植木プリアンプがコンデンサー方面のトラブルでダウン。
急遽、蓋を開けて、鋏(?)でどこかをいじり復旧という一幕も。

そしてFU氏が自作アンプの特徴を述べるのだが
”素子だか回路だかで直線性だか直進性だか云々・・”おらには経文にしか聞こえない技術用語のオンパレード。
分かる人には面白い話なのだろうが、回路の知識も無くアンプの箱の中身より、出てくる音楽(音ではなくして)にしか興味がないおらにはちんぷんかんぷん???
だんだんヒートアップして辛辣な発言が飛び交う・・・・
5.263
でもまあ、おじさんやおじいさん達が集まって夜半まで、音楽鳴らして喧々諤々やれるということは幸せなことなんでしょうねえ。
5.264
一口にオーディオ趣味と言っても、
こだわるポイントが、技術系の部分と、音楽系の部分の要素の比重というか濃淡の度合いが人それぞれ。
当会も、あくまで音楽聴く道具として”ちょっとだけこだわりたい”おら程度から、メーカーにいたことがある人、業としてアンプを製作してる人、録音製作に携わる人、山にこもって自作道数十年の人(誰?)まで、メンバーの数だけ多様。
そんな年配者集団がガキのように熱くなれる。
趣味が取り持つ「縁」が一番楽しい関係なのかも。
貴方も「ジジイ達の楽園」にいかがですぅ~?

次回は6/23。

爆音鉄工場、再び

札幌の隣町の郊外にあるどんなに大きな音を出しても、誰も憚る必要が無い爆音鉄工場。
当会主催植木氏と再び来てしまいました~
植木氏は所蔵の機器を持ち込み、今度こそ”道場破り”を果たそうという企み・・・
18194005_1188160567976288_8644158470378139287_n

迎えうつS氏、今回は普段使いのオンキヨのアンプに替えて、サンスイのSANSUI AU-α907DR( 250,000円、1990年発売)をスタンバイ。
オンキヨも重量級の良いアンプだが、爆音では物足りない場面があり、このサンスイなら余裕で鳴るそう。
おおっ!確かに大音量で全く崩れず、小~中音量でもすっきり整った音。
強力なアンプは、小音量も良くなるのね。

機械より音楽好きの私としては、このまま色んなソースを鑑賞し続けたいのですが、
植木氏の意向を尊重し”機器比べ”に。
18193942_1188160561309622_5502582862441570674_n

植木氏が持ち込んだのは、
お手製のDAC、プリアンプ、ソニー製の業務用パワーアンプ(片チャン200W?)等。
ソニーパワーアンプ、爆音に耐えられず音割れ状態。
大音量でアンプが飽和するの初めて見ました。
重くてそこそこのスペックなのに、ここでは”へなちょこ”。
アンプの真の力が試されるのがこの鉄工場なんですね。

植木DAC+植木プリ+サンスイパワー部にしたところ、力感がありながら情報量が増え、細部表現も良しという状態に。
更にパワーアンプの電源コードを植木製にしてよりしっかりした感じに、これはけっこう効いたと思います。
サンスイの最後の煌きようなアンプと絶好調植木プリを堪能いたしました。

かけたのはS氏のジンジャー・ベイカーの諸作、ナベサダのマイク・スターンが参加した作品、ホルスト「惑星」、ジョージ・デューク、
私の梅津和時KIKIバンド、ケンドリック・ラマー、高木ブー(?)、マーラー5番等。
18157889_1188163747975970_7616479323665523030_n
クラシックは少しレンジが狭く、スケール感不足に感じました。JBL2ウェイの宿命か・・
まあジャズ、ロックがここまで鳴ればねえ。

不思議なことに前回ほど聴き疲れしませんでした。(アンプが良いから?)

第53回札幌オーディオ同好会

4月21日 らんぷうぇい

植木氏製VS福澤師匠製のアンプ対決!

18033355_1179537028838642_7847933718747492476_n

その前に、植木スピーカーの高域ユニットが進化。
あまり評判の良くなかった安物ホーンツィーターのホーンを外した振動板むき出し型からなんとハイルドライバーに。

レンジが伸び、切れ込みながら品位の良い高音。
(私もADAM F7で同型使用してるので共感!)
こうなると低音部が貧弱なんだよなあ~、バランスとるのって難しい・・・

さてアンプ対決。

18033256_1179537022171976_6175727222787039617_n
共に金田式アンプ、プロとして長年製作してきた福澤師と、最近めきめき腕を上げてきた(らしい)植木氏の師弟(?)対決。
福澤師は「ニューヨークで生のチャーリー・パーカーを観た事がある」方で、技術者である以前に(以後でもいいのですが)ジャズファンである。ジャズを愛好する耳を持つ人が作るオーディオこそ信ずるに値すると私は思います。
「理屈に合わないことはやらない、極力悪い要素を取り除く」ことで、滓が沈殿して澄んだ水の如き、大音量でも静かに聴こえる師のシステムに到達したと推察します。

対する植木氏は電気的知識、理解力は高いレベルにありますが、本格的アンプ作りはここ数年前から始めたばかり。
おまけに音楽的素養もあまりない。(ご本人が認めてます。)
しかし尋常ではない製作能力、吸収力、応用力で急成長中。
金田アンプの肝は福澤師から教示を受け、音楽的素養の無さは、録音のプロである、SE師範、SI師範の耳とスタジオを借りて補い(どころでは無いですね、最強のアドバイザーですね)まんまと音作りに成功!

18034082_1179537082171970_9219635250271191721_n

対戦結果ですが、
プリアンプはほぼ互角ですが、繊細さとフォノイコが植木製に分があった。
パワーアンプでは、
すっきりした植木製に対して、骨太な躍動感がある福澤師に軍配。

プリアンプが互角なら、そう違いは出ないと思いましたが、ゆとりと言うかコクと言うか、若干の”差”がありました。
植木プリ+植木パワー<福澤プリ+福澤パワー<植木プリ+福澤パワーということでしょうか。

植木製プリの所有者である私も、大いに自信を深めました。
(私にはオーバークオリティ?)
植木氏もここまで来た!と言うべきか、頂上はまだ先なのか?

18057974_1179537078838637_8212810640337128146_n

日進月歩の植木オーディオ。
初期の石器時代的状況から、ある部分では現代のハイエンドオーディオを凌駕しつつあり、その過程を”わいわいがやがやなんだかんだ”と叱咤激励して楽しんできたのが当会の歴史だと思います。
きっと次回も何か企んでくるに違いない植木氏にご期待!

次回は5月26日(金)。

第52回札幌オーディオ同好会

3月24日 らんぷうぇい

今回は植木氏製のプリアンプ1号機と2号機の比較。
17342730_1149086555217023_2027441090414343395_n
2号機は私(櫻田)のモノになる予定なので、私のメインスピーカー ADAM F7につないで鳴らしてみることに。
なのでパワーアンプはF7の内臓アンプ(7インチウーハー用60W、ハイルドライバー用40Wの2ウェイマルチ)になります。

17499299_1149086558550356_5530059364415871246_n

プリアンプの比較の前に、現在私が使っているボリュームボックスの音を確認。
DACとパワードスピーカーの間に入れている植木氏製のもの。
植木氏は「作ったのは自分だけど、プリアンプと比べるべくもないガラクタ。」と言うが、”パッシブアッテネーター等の余計な回路等入らないほうが良い”というオーディオの行き方もあるし、(プリアンプ無用論もありますよね。)
プリアンプの導入で改善されるか確かめておきたかったのです。
はい、瞬殺でした。レンジが狭くて平板で分離が悪い。
音の増減ができることとの引き換えには劣化がひど過ぎます。

17342481_1149086565217022_271947618763214959_n
試聴用音源はブルーノートの45回転LP、SOMETHING ELSEの枯葉で聞き比べ。

カートリッジは私のオルトフォンのVMS20E(30年以上前のものとりあえずまだ音が出る・・)だったのですが、どうも冴えない。
オーディオテクニカのAT120Ea(これも古い・・)に替えるとすっきりした音に。自宅ではこれほど違いが分かりませんでした。
カートリッジの違いを明瞭に表現できることを確認。
もうこれでオルトフォンの出番は無くなるのか・・

2台とも同じ回路構成、筐体の振動対策、配線のノイズ対策徹底したものなので、そう違いは無いはず。

1号機は濃くて、少々ドロドロしたしつこい感じ。
2号機はすっきりした高品位な感じ。
差と言うか、違いと言うか・・・
そこで2台のアンプ位置を置き換えてみた。
実はSi師範の指示だったのですが、「そんなことで変わるわけ無いだろ~、めんどくせ~」と思いながら動かしたのですが、これが驚き!音も入れ替わった!
いつものことですがお見それしました~

元々の1号機の位置はスピーカーに近く、その影響が出たのか?
この繊細さに驚く反面、セッティングの難しさに思いやられる・・・

例会前に、この2台は月寒の某スタジオで徹底的に調整されており、
Se師範が「これはいいモノを手に入れたよ~、スタジオのスチューダーのミキサーとまではいかないけど民生品のアンプなんか目じゃないよ~」と耳元で囁く。
「マークレビンソン越えですかぁ~?」
「うん!まあ好みの問題だけどねぇ・・」と言ったかどうか?

次回は4月21日。

■再生のシステム
1,プリアンプ  :
回 路:金田アンプ参考オリジナル回路
PHONO EQ AMP= FET差動2段DCアンプ+出力バッファー
FLAT AMP=FET差動2段DCアンプ
バランス出力=FET差動オペアンプ使用
入 力:PHONO=MC,MM切替
DAC
AUX
出 力:RCA、バランスXLR
サイズ:W=320mm H=80mm D=240mm
重 量:約5.4kg
2,メインアンプ :パワードスタジオモニター ADAM F7
3,スピーカー  :F7
4,プレーヤー  :
5,DAコンバータ:植木DACアナログ基板使用のDAC