札幌オーディオ同好会 第62回例会

1/19 らんぷうぇい

今回は
植木製プリアンプ改造ヴァージョンとパワーアンプ
福澤製プリアンプとパワーアンプ
福澤師が平面スピーカーを持参

前回、私がプリメインアンプで最強ではないかと思っていたsansui AU-α907DRを
一蹴した福澤アンプ。
植木氏がそのプリアンプを借り、自宅でじっくり研究を重ねノウハウを盗み(?)、
自身のプリの配線、電源トランス等を載せ替え電圧数値を上げた(ほぼ新作ですね)渾身の改造版。
今度こそ師匠越えか?!

まずは挑戦者植木プリ。
おお、更に磨きがかかり”改良”されたことがわかる。
バランス接続ではかっちりくっきり。
アンバランス接続ではマイルド、私には少し眠たく感じる。
ここで植木氏の信じられない一言が!!
「バランスよりアンバランスの方が情報量多くねぇ?
オペアンプ入ってる分、バランス回路は不安定?」

おいっ!おいっ!
今までのバランス・アンバラ論争は何だったのですかあ?
結局バランス接続の方が”よく”聴こえていたのは回路の優位性ではなく、
たまたまオペアンプを通った音の方が、マシに聴こえたという固体差に過ぎないということなの?
距離やケーブルの質の影響を受けないという利点はあるにせよ、
”バランスの方が良いということは理論的に有り得ない”と言っておられた
電送の専門家、福澤師匠にナマイキなことを言ったのは・・・
26734268_1423558964436446_7001565020850050847_n

理詰めで迫ってきた植木アンプに対して王者、福澤アンプは音楽が気持ちよく聞こえる。
回路方式とかスペックはほぼ互角なんでしょうが、
同じ型番でも音のいい初期のFETを使っているとか吟味を重ねた結果のようです。
長年の経験と腕を持ち、パーツを吟味して作った一点もの、
メーカー製では不可能な領域にある、ハイエンド以上のカスタムアンプかと。

正直、アンプやバランス・アンバラの比較なんて、地味で微々たる違いで
メンドクセエことなんですけど。
今回の機器は私程度でも違いがわかるものでした。
これは透明度が増すほど、わずかな濁りが目立つということなんでしょうか。

n92468019_1
福澤師が持ち込んだ平面スピーカーのスペックは
サワフジ DP-12
厚さ2.5センチ
ダイヤフラム(透明プラスチック?)・ボイスコイル一体構成
多数の棒状マグネットを使用
インピーダンス 4Ω
最大入力 150W
音圧レベル 84dB
サイズ 16x16cm
重量 665g
(※写真撮り忘れたので、ネット方面から借用・・いいのか?)
というものを片チャンネル2本ずつ平面バッフル板に組み込んだ物。
どうやっても重低音は望めないが、抜けの良い鳴りっぷり。
高域も伸び、”何をやっているのか”がはっきり聞き取れる。
本でも読みながら、ギターとボーカルなんぞを中音量以下で楽しむのにいいかも。
でも10cmフルレンジ(FE103あたり)で充分低音も楽しめますけど・・・
珍品・・・

無題
試聴ソフト、チャールス・ロイド「ザ・ウォーター・イズ・ワイド 」が好評でした。

植木DAC2代目

あけましておめでとうございます。
本年も心ゆくまで賑やかに趣味を堪能できれば・・・

2018010407550000.jpg
(写真 上段がDAC、最下段がプリアンプ。写真は暗くて不鮮明ですが、明るく
てもDACもプリもたいしたルックスではありません。)

昨年末に私(櫻田)が主催植木氏製の2代目DACを導入しました。
身の程をわきまえ、”ほどほどオーディオ”を目指すと宣言したばかりで
新機種はしばらく控えようかと思っていたのですが、
植木氏が「全然違うよ~、良いよ~、一度知ったら離れられないよ~」と
拒む私に無理やり・・・

従来のモノより筐体が大きく頑丈、無理のない配線の取り回し、電源強化、バランス出力の追加、徹底的なノイズ・振動対策されたもの。

回路的には基本的に同じ(金田式改)で、さして期待していなかった・・・驚き!
聴き慣れた古いジャズの録音が新しくなったみたい!
明瞭で情報量が増えた感じ。

バランス接続については当会でいまだに熱い論議が交わされおります。
理論さっぱりの私の聴いた感想は、
う~ん、池の魚に例えると、アンバランスでも魚の活きの良さは同じだが
バランスにすると池の水が澄んで、より動きが鮮明といったところか。

ほどほどオーディオを目指す筈が、更に”くっきりはっきり”傾向が強まり、ゆるさの無い音に。
(DAC、プリアンプはそこらのメーカー品は凌駕してると思います。)

知ってしまうと戻れない、これがオーディオか・・

注)文中、主催植木氏が立場の弱い会員に対して製品の導入を強制したような表現が
ありますが、すべて事実というわけではありません。
当会は大人の基準でコンプライアンスを厳守しておりますのでご安心を。

札幌オーディオ同好会 第61回例会

25550550_1403149613144048_4368811953575061627_n
12/23 らんぷうぇい
今回が第61回(6年目突入!)で回数を誤認しておりました。
ということで記念すべき第60回は先月だったというグダグダ・・・・
大らかな会員諸先輩はあまり気にしていない様子・・・老人同士の寛容・・?

今回は飲食伴う忘年会、15時~20時まで酒池肉林。
それでもちゃんと出し物はあります。
酒飲みながらでも、比較試聴してしまう、マニアの哀しい性。

25594209_1403149596477383_750517135068952322_n
スピーカーはらんぷうぇいの平面型スピーカー、マグネパンMG2.7QR 、あまり古くない方。
プリアンプは 植木製と福澤師匠製
パワーアンプは 爆音王佐藤氏のサンスイAU-α907DRのパワー部
福澤師匠製の窪田式 というハイレベルな布陣。
サンスイAU-α907DRはかの爆音鉄工場で実力を見せ付けられた超強力アンプ。
当然パワー喰いマグネパンをしっかり鳴らす。
歴代国産プリメインアンプの中でも最強かと。
でも福澤アンプに替えるとはっきりと音が違う。
明瞭度にかなりの差が。
大音量になれば、サンスイの本領が発揮できるのかもしれないが、この場での劣勢は明らか。
パワーアンプでここまで違いを見せ付けるというのは何なのでしょう?
アンプをカスタム製作して50年以上? いまだに大手メーカーから回路図が送られてきて試作品を作る仕事もしている福澤師匠。
量産機と一点ものの違い、だけではないなあ・・・ 25995013_1403149536477389_7500608282023073741_n 果てることのないオーディオ談義は続き、体力尽きた者から離脱していく状態。
好きなことで集まれるというだけでも”幸せ”なことなんでしょう。

次回は1/19 良いお年を~

札幌オーディオ同好会 第59回例会

11/17 らんぷうぇい
今回はらんぷうぇいにある平面型スピーカー、マグネパン。
このパワー喰いのスピーカーをQSC社の業務用パワーアンプRMX2450(片チャンネル450W)と植木氏製金田式パワーアンプ(片チャンネル60W)で鳴らす企画。
23621576_1371710059621337_8507093420215806494_n
らんぷうぇいには
MG-Ⅱ   2ウエィ6Ω 1973年製
MG2.7QR  3ウエィ4Ω 1994年製
という超古と古の2機種がある。
両方とも畳1枚位の大きさで、平面でありながら、力強い低音と
箱を背負っていないせいなのか抜けの良い鳴りっぷりが魅力。
定位はびしっと決まるわけではないけど、でかいフルレンジといった感じの不思議な音場。
神経質なところは無くどんな音楽でも楽しく聞かせてくれる。
しかし背面からも同じ音が出て、壁面から2m以上離して置かねばならず、
日本の家屋事情できちんと鳴らしきるのは難しい。

23722258_1371710069621336_5490179283437777307_n

今日はMG2.7QRが登場。
リー・コニッツのアルトが滑らかかつ張りのある音色はgood!
だけどレッド・ミッチェルのベースが鳴り出すと、片方がびびる。
これでは鑑賞どころでは・・・
らんぷうぇい店主Y氏
「こんな状態なので、原因と修復方法を会員諸氏に問いたい。」
ここから”ぶっ壊れたスピーカーを聴く会”がスタート。

四半世紀経とうとしている機器、もう成仏させてもいいのではという考えが私の脳裏をよぎるのだが、先輩諸氏はまるで自分自身のことのようにまだなんとか修復延命できるのでは、もう一度勃て!!と、
しつこく試聴(場所をずらしたり、左右入替えたり、アンプを替えたり、CD・レコードの新旧音源等)と議論が交わされる。
ごみ等がはさまった、ネジが緩んだ、振動板そのものの剥離・たわみ等いろいろ考えられるが、
結局開腹手術するしかないと私は思うのですが、諸先輩は
「術中に亡くなる可能性も有る、それは最後の手段で・・・」
親族かっ?!

23621695_1371710066288003_6347346430640123156_n

ビッグバンドやアナログレコードの50年代録音ではビビリが生じない。
ソースを選べば難なくこのスピーカーならではの音が出る。
無理させないで、あった音源をかけてやるのが一番のような気がしますが・・・

こんな破損状態でも2台のパワーアンプの違いをはっきり表現したのはさすが。
小編成の音源を繊細に表現する金田式アンプ、
大編成になると余裕を持ってダイナミズムを表現するQSC社アンプ。
極端にキャラが違うとは言え、パワーアンプの違いを私程度の耳でも実感できたのですから。

次回は12/23 「60回記念忘年会!!」

札幌オーディオ同好会 第58回例会

10/20 らんぷうぇい
今回は関井師よりWRAPPING SOUND SYSTEM NS-8、をベースにしたシステムです。
NS-8 とEV社の400Wアンプ内蔵サブウーファ SB120a、QSC社のパワーアンプRMX2450 450Wの組み合わせ。
22552559_1347420988716911_1535765313951120939_n

NSE社の八角形方スピーカーNS8。
八角形の箱にフルレンジユニット(10cm?)を8個配した無指向型。
天井に付けて大きな部屋で使われることが多いみたい。
私の通うフィットネスジムにも設置されている。
ジムで聞いた限りでは、小口径ユニットだけど大音量使用にも耐えてはいるが、
やはり低音は窮屈で分解能もいまひとつうるさい印象。
(エアロビ向けの打ち込み系の電子音楽の圧縮音源なので・・・)

22688616_1347421018716908_7093852013134785826_n

重低音は補うため
EV社の400Wアンプ内蔵サブウーファ SB120aを追加。

業務用大パワーアンプ QSC社のRMX2450 450Wで駆動。

この日は遅参した私、着いた時にはセッティングがまとまり、バランスの良い音でピアノソロが流れていました。
音場が広いけど、きちっと定位する、ピアノは骨太だけど細部まで聞こえる・・・
バカでかいフルレンジスピーカーとでも言う感じ?

22729012_1347421062050237_4319010547027264237_n
ここに至るまでのセッティングは定位が決まらない、部屋の付属物と共鳴する等大変だったらしい。
スピーカーの高さ調整、部屋の共振留め、ツィーター(植木氏のハイルドライバー)の追加等で追い込んでいったみたい。
元々大きな広間の天井に埋め込んで真価を発揮する設計なので、スタンド設置は難しいのでしょうか。

クラシックのピアノソロで音決めしていったので、小編成のアコースティックものやボーカルものは上手く鳴っている。
不興を覚悟で私持ち込みのフリー系サックス、クリス・ピッツィオコス「PROTEAN REALITY」をかける。サックスは生々しいけど、ノイジーで即撤収。
もう1枚、植野隆司「Tea In The Guitara」これは茶畑をうろつきながらギター即興演奏したもの。
これもあまり賛同は得られず、音質評する前に撤収。
(じっくり聴くと風景が浮かんでくるのですが・・)
最後にダニー・ハサウェイの「These Songs for You Live 」をかけてみた。
これには文句はいわせねえよ~
でもベース、バスドラがスカスカ・・・
声の帯域を遠くまで響かせるのが得意なスピーカーなんでしょうか。

私が出席者の不興を覚悟で、尖がった系かけるのは、単純に自分が好きだからというのが先ずありますが、常に何か違うことを探求し続けるのがジャズという音楽だと思っていますので、色んなものかけて(自分を含めた)オジジ達に刺激を与えたいからなのです。
今は耳障りでもやがてドルフィーやオーネットのように聞ける日が来るかも。
(と勝手に思い込んでます。でないとダイアナ・クラールなんかばかりになってしまうので・・)

札幌オーディオ同好会 第57回例会

9/22 らんぷうぇい

今回は
DACとアンプがハイエンドレベルに到達しながら見劣り感があり改善要望の多い植木スピーカーの改良版。
21739974_1394765373974081_4046824035161487341_n (1)

改良点は
・使わず嵌殺しになっていたフォステクスのドームツィーターを外し、穴を埋めた。
・ネットワークの配線を整備し、きちっと箱に収めた。

えっ!?これだけ?月刊アンプと異名をとる植木氏だが、
ことスピーカーとなるとほんとに手が遅い・・・
でもでも、けっこう音が違う・・

スピーカーの準備体操のためデレク・ベイリー「ミラクル」をしばらくかけるが誰も文句を言わない。
時代は進んでるのですね・・
(当会ではサッチモからデレク・ベイリーまでが私の独断のもとでかかります。)

音のつながりが良くなり、低音の不足感も減少、見た目も良いと音もすっきりして聞こえる。
この会場は低音が食われてしまう”魔の空間”の割には健闘しており、微細な音をきちんと表現できるのは、かなりのレベルと評価。

そこへ「低音と中高音が離れていて中高音はごちゃごちゃしている。」と塩崎師。
「あは~ばれたか、実はクロスオーバーの減衰が中高音は3db、低中音は6dbなんです~。」と植木氏。
ひえ~、なんちゅう耳じゃ!というか、これでは迂闊に音を楽しめないですね。
適度な凡耳の方が幸せ?

3ウェイスピーカーともなるとネットワークがネックになる。いよいよマルチアンプだね!と皆が植木氏の背中を押していたところ、関井師が「中高音のユニットをずらしてごらん」
指の爪1枚分を動かしただけで、つながりが俄然良くなる。
マルチアンプは幻に、もう少しだったのに・・
それにしてもプロは凄い!

21768038_1326983107427366_563474351570715_n

更に、電源ケーブルの方向性による違いという比較もあった。
違うかもしれないけど、私にはどっちでもいい程度・・・

関井師から、師のもとにある秘蔵音源をレコード化するにあたってどんな形が良いかという問い掛けがあった。
78回転レコード(私は初耳だが、高音質らしい)45回転、33回転・・・

「通常の33回転、機材は徹底的にこだわったアナログの名器で」というのが一致した意見であった。
(個人的にはオーディオより音楽マニアに軸足置いた作品が良いです。オーディオ的に優れた作品は、音楽的に”ソウデモネエ”と いうのが持論なので・・)
21768052_1326987717426905_6375260636752227077_n

近頃は会員相互のコミュニケーションが活発に。
主催者の話を聞かずに(?)会話は盛り上がる・・・

次回は10/20。

札幌オーディオ同好会 第56回例会

8/25 らんぷうぇい
21106575_1302860586506285_5675748657845736499_n
今回は微細な聞き分け・・・・
植木氏製のDAC3台の比較試聴。
①標準機
②抵抗等素材を吟味した改良機
③筐体を頑丈なものにし、トロイダルトランス3個ぶっこんで、素材、配線の取り回し、ノイズ対策した新作
21151747_1302860716506272_3260843215171480415_n
体調悪いせいもあり私程度にはどれも似たように聞こえるのですが、
違うと言えば多少違う・・・?

①を従来の標準サウンドとすると、
②は品位が上がってすっきりした感じ。
③は情報量が多く、音源ソフトの正体を暴いてしまう感じ。

プロ的な耳の持ち主には③が機械として優れているらしいが、
私個人は②の音楽的まとまりの良さを好む。

情報量ねえ~
安い機器では聞こえなかった音が、高性能機器で聞こえてくるというのはオーディオの醍醐味のひとつですけど、”音楽を聴くこと”にホントに必要なことなんでしょうかねえ?
弦を擦る音、ピアノの鍵盤に爪が当たる音、奏者のうめき声や鼻息、呼吸音・・・
そんなもん聞こえなくたって、むしろ聞こえない方がいいような・・
自宅で録音の音質に捉われずに作品の音楽的評価(偉そう・・良し悪しがわからなくなった時に聞くことが多いです。)をするときはサブシステムの10cmスピーカー(フォステクスFE103)を聴くことにしています。
メインシステムだと大した演奏でなくても音質にごまかされたり、録音の粗が聞こえてしまったりするので・・
オーディオマニアに評価される録音の良い盤はだいたい内容が”ソウデモネェ”ことが多いしウッドベースからあんな重ったるい低音出るわけないし・・(オーディオマニアに喧嘩売ってるのか?)
多少音悪くても、”中身のある音楽”を私は選びたい。
機器の”微細な部分”にこだわらなくなるのならオーディオを止めた方がいいのか?
いやそうじゃない、いろいろ試行錯誤した結果、”ほどほどオーディオ”(日本の一般的な住宅で音楽を楽しめる)の境地にたどり着いたのですね。
個々のオーディオの探求ポイント、”爆音””ブランドもの””ビンテージ”等などの中で私は”ほどほど”を追い求めているのか・・・
会場では技術者どうしのバランス接続や電位について論戦が繰り広げられているなか、私はこんなことを考えていたのです。
21034167_1302860733172937_6200514112966739096_n
次回は9月22日。

札幌オーディオ同好会 第55回例会

20526279_1281730071952670_7790508937663538318_n7/28 らんぷうぇい

今回はパワーアンプの比較試聴。
クラウンD45改と植木氏製金田アンプ。

すっきり繊細でソースの粗も目立たせる金田アンプ、
もっちりマイルドでどんなソースも聴かせるクラウンといったところでしょうか。

20525342_1281730225285988_3230604377126711858_n
珍しく妙齢のご婦人お二人が参加。
中島みゆきのファンで、持ち込み音源をかけてという。
これが曲者。
私も中島みゆきの楽曲は好きなんですが録音がいまひとつ。典型的な歌謡曲的音質。
アナログ時代の録音はまだましですが、最近のデジタル録音はボーカルだけが聞こえれば良いという造りみたい。
音楽的内容は別として、この音質では、当会でかけるわけには・・・
20476116_1281730138619330_1029693054584468250_n
でも優しいセッティングの鬼達(写真のお二人)が、スピーカーのユニット位置をずらしたりして位相等を調整したら、何とか聞けるレベルに持っていった。
経験値からくる執念、確信なんでしょうか・・・
めんどくさがりの私はいつも脱帽・・・

20431598_1281730078619336_2723229405434298256_n

今回は各テーブルで話が盛上がっている様子で、会として運営はぐずぐず、バラバラに見える局面もあったけどこれはこれでいい感じでしたね。
参加者相互のコミュニケーションが増してきた証拠?

次回は8/25。

恵庭オーディオ遠征再び

19598822_1252843684841309_400848056850834988_n7/1
オーディオ同好会のメンバーで先月に続き、また恵庭に押しかけました。
ひと様のシステムに、機器をつなぎまくり、挙句の果てにセッティングまで変えてしまう傍若無人ぶり。
”ほらほらもっと官能的な音が出せるだろ~”
大切な機器をオーナーの見ている前で技巧に長けたオヤジ達が太い指でいじくり回す・・・
お陰で、オーナーのK氏は烈火のごとく怒り・・・
ではなく「いやあ~、とても良くなりました~」と笑顔で礼を述べられ再訪となりました。

今回はSE師範のREVOXミキサー、パワーアンプ クラウンD75改等を持込み、ALTEC A5の徹底的調教!?
前回、並んでいるJBL4345のバスドラの重い音は出なくても、人の声の生々しさ、ラッパの張り出しは圧倒的にA5、このスピーカーにあった黄金期のジャズを心ゆくまで聞いてみたいという私の個人的な願いが直ぐにかなった訳です。

今回もA5のホーンの位置、角度をいじる。
角度を下向きにすると、ウーハーとのつながりが俄然良くなり、音像もぴたりと決まる。

いきなりメインディッシュのスリーブラインドマイスレーベルの名作、鈴木勲「ブローアップ」のサブマスターテープをかける。
ベース(ここではチェロ?)の弓弾きって、あんまり好きじゃなかったけど、ビリビリ弦の振動に心を揺すぶられ、思わずスピーカーの真正面に異動して聞き惚れてしまう。
ドラムがスティックを振りかざすのが見えてくる感じ!
もしかしたらライブより良い音かも・・・

しかし後半になると、何か覚めてくる、演奏に飽きたのか?音の鮮度が落ちたのか?
福澤師匠も後半のピアノ等が良くないと指摘。
スペシャル音源といえども、テープの劣化、磁気移り等は避けられないのか。
それでも前半はA5のベストと言える音が聴けたことは間違いないです。
音源、テレフンケンのテープデッキ、REVOXのプリ、クラウン D75A改のすべてが上手くかみ合った賜物でしょう。

ダイアナ・クラールの新作のCDとLPの聴き比べも。
私はこの人の”ジジ転がし、どうや好企画だろ~”的な作品作りがどうも好きになれないのですが、世の中の大方はいまやジャズボーカルの女王扱い。(私はひねくれ者?)
CDははったりきかせたような音、LPはまっとうな感じかな~
19601219_1252843771507967_3740522735071152921_n
LPをかけるために出てきたプレーヤーにびっくり!
ELACのリムドライブのオートチェンジャー!?
きっちりオート動作、リムドライブのゴロつきまったくしない。

最後に私がどうしても聞きたかったオーネット・コールマンのゴールデンサークルを無理やりかけてもらいました。
ブルーノートで一番音が良いのは本作だと信じており、
どうしてもA5で聴きたかったのです。
サックスもりもり~、おお~ドラムのシンバルがコワンコワン鳴ってる~
他の参加者無視で、独り悦に入っていることに気付き、7分経過したところで我に返りフェイドアウト・・・
恐る恐る振り向くと、福澤師匠が「いいんでない、これうちで聴いてみたいねえ~」とのお言葉、ほっとする。

自分の持ち込み音源をバンバン聴けた満足感と、自己中をちょっぴり反省・・・

SP音源をCD化したコールマン・ホーキンスのソロも良かったなあ・・・
19665620_1252843841507960_8570587711772013532_n

楽しかったひと時はあっと言う間に、ここは夢の空間・・・感謝!

札幌オーディオ同好会 第54回例会

 

 

 

19601390_1252839974841680_43885564334888038_n19748447_1252839961508348_5080129330130364850_n19598568_1252840074841670_8235473972603878303_n

6/30 らんぷうぇい

今回はパワーアンプ クラウンD75の改造前後の比較。
何でもいじくる代表植木氏がクラウンアンプを改造したところ、想定外の好結果。

長年、プロの標準機としてクラウンアンプを使ってきたSE師範がそれを認め、スタジオのアンプもいじってしまった。
スタジオで使っているREVOXミキサーとモニタースピーカー(JBL 改、ウーハーをALTECに換装)を会場に持ち込み、比較試聴。

改造点は
コンデンサーを容量の大きいものに交換
電線を交換、鉛シート等でノイズ対策
スピーカー端子をバナナプラグ対応(これって便利!)

試聴盤はチェット・ベイカー「CHET」のCD。

改造前だと、演奏者がマイクの前をうろついていたのが、
改造後はしっかり居場所が分かる。
さらにアンバランス接続からバランス接続にすると、情報量が増え、シンバルの
パフッという空気感も出てきたような。

しかしここで福澤師匠から「まった!」が。
『バランス、アンバランスで音が変わるというのは、実験結果でも理論でもあり得ない。バランスだから良いということは疑問・・』
(技術的なことはさっぱりな私の意訳的表現ですので・・)
実際にバランスの方が良く聞こえるしなあ~

そこへ恒例の(?)F氏製作アンプが乱入。
今回は新作のFETを使ったパワーアンプ。
前回同様薀蓄たっぷりの仕様のようですが、私には文章化できないので全て割愛。
出てきた音は、空間は狭いが演者が皆マイクの前に勢揃いして音が張り出す感じ。
福澤師匠によると、
”音が前に出てくるのは良いこと”というかけっこう難しいらしいです。
ジャズには好適か。

前回同様、技術論議が交わされるが、同時進行で音楽を流す。

無題

私が持ち込んだリッキー・リー・ジョーンズ「POP POP」が好評だった。
この唄声あまり好きじゃないのですが、チャーリー・ヘイデンのベースの音がとても良い。

次回は7/28。
明日は恵庭遠征!