札幌オーディオ同好会 第68回例会

7/20 らんぷうぇい

今回はK氏の富士通 エクリプス TD512。
タイムドメイン理論に基づき作られた、フルレンジユニット1本を特殊な円形筐体に仕込んだスピーカー。
この理論、私では理解しきれないのですが、スピーカーユニットの正面から出る音以外は、時間がずれた良くない音なので
それを如何に押えるかに注力したことらしい。
そのために、
・ネットワークが入らないフルレンジ1発。
・『正確にコーン紙を動かすためには基準静止点となる磁気回路が動いてはなり
ません。従来方式では磁気回路はフレームを介してスピーカーボックスのパネル
に固定されております。しかしボックスやフレームは常に振動していますので静
止点とは言えません。それを基準とするコーン紙からの音はピュアーではありま
せん。』ということで、ユニット後部に仮想グランドを設置。
・箱の固有振動が少ない円筒形や球形エンクロジャー。  等を採用したらしい。

vol8-img1

期待が膨らむ中、音出し。
重低音は望めないが、しっかりした低域、高域も不足感なし。
小口径(12cm)でもこの会場で大音量で鳴らしきる・・・
でも小口径フルレンジユーザーの私としてはこの程度鳴るのは当たり前。
植木DAC、植木プリ、クラウンD75改を通している割に、音の分離が悪い。
フルレンジならではの定位の良さが感じられない・・・
ケプラー繊維振動板の重さのせい?
低音がもたついているのではと、後部のバスレフ穴にタオルを(雑巾ではありません・・)貼り付けたり・・
37410885_1619719048153769_7804357126209404928_n

ここで植木氏の新作パワーアンプ(ツインモノラル構成、片チャンネル100W)が登場。
ようやくボーカルとギターがくっきりして、音楽に躍動感が出る。
そしてまたしても登場、レイオーディオの信号ケーブル。
アンプ替えた以上とも思える変化が、すべての情報がはっきりとする。
こうなると、なかなか良いスピーカーかと・・・
以後は音楽を愉しめる状態になったのですが、これはめんどくさいスピーカーですね。
ここまでの機器を繋がないとまともに鳴らないし・・・
セッテイングでも場所取るし(30cmウーハーのスピーカーとそう変わらん。)
それにタイムドメイン方式の良さがわからない・・
ただの鳴りっぷりのいいフルレンジシステム?
(自宅に戻り、愛用のフォステクスFE103スパイラルホーンを聴いたけど、全く
聴き劣りしないというか、こっちの方が・・)37565482_1619719244820416_3486714507420499968_n

37421194_1619719128153761_3337444400811737088_n

今回他に、T氏のダイトーボイスの8cmフルレンジのかわいいスピーカーが登場。
当然重低音は望むべくも無いが、ボーカルとギターは乾いた、ぱ~んと張りのある音。吸音材の入らない薄手の箱も一助になっているのか?
ベッドサイド向きでしょうか・・
小口径フルレンジは侮れない!

レインスピーカー

私の仕事の関係で岩見沢の赤間板金という屋根板金工事業の会社が技術を活かして
スピーカーを作っていることを知り、聞かせてもらいに行った。
(面識も無いのに押し掛けた・・)
image

円筒形の両側に小口径のフルレンジユニットを配した形。
このタイプは音場がふわっと広がり、癒し系(おらの嫌いな言葉のひとつ・・”ふれあい”とか”絆”も・・)というか、なんだかぼやっとした音のイメージが有りメインにはどうなんだろう?というイメージがあった。

先ずは音を聞かせてもらう。
マイルス・デイビス、ビートルズ、ジョン・スコーフィールド、キップ・ハンラハン、フランク・ザッパ等の聴き慣れた持込みCDを片っ端からかけまくる。

低域も不足感無く、高域もシンバルがきれる。
小編成のアコースティックギターあたりが得意なんだろうけどジャンルを選ばない。
ごちゃごちゃしたザッパも、細かい部分まで聞き分けられる。

不思議なのは、けっこう大音量でも赤間社長と会話できること。
普通のスピーカーと大きく違うのがここか。
音が飛んで来ず、スピーカー周辺の空間に存在している。
そこにステージがあり、何をやっているのかよくわかるのだが
耳をつんざく様なきつさが全く無い、聴き疲れしない。

円筒の中は、3層構造で段階的なバスレフ構造になっている。
どういう構造理論かわからないが、好きなビートルズでとことん音決めしたとのこと。
これが一番信用できることかもしれませんね。
「好きな音楽を良い音で聴きたい」という基本がないオーディオには意味が無い・・

序盤で機械の品評というのを忘れ、次から次へと音楽を聴きたくなりました
このシステムで充分幸せな音楽生活を得られると思います。

レインスピーカー https://www.rain-speaker.com/

札幌オーディオ同好会 第67回例会

6/22 らんぷうぇい
35306038_1567978966661111_941770454090121216_n

今回はランプウエイの山田氏の出品でDIATONE DS-31CmkII。
このスピーカーは、3ウェイ5スピーカー。
ネット情報によると
「低域は30cmコーン型ウーファーと20cmコーン型ウーファーを搭載。
これらのユニットはダブルドライブ方式を採用しており、並列駆動することで放射効率を向上させると共に、口径を違えることによって再生特性の均一化を図っています。
また、2個のウーファーのチューニングをたくみに調整することによってダンピングの良い低音と滑らかな中低音の再生を可能にしています。
高域には5cmコーン型トゥイーターを2個搭載しています。
このユニットはメカニカルロード型となっており、特殊合成ゴムのサスペンションによって機械制動をかけ、抜けの良い音質を得ています。
また、トゥイーターユニットを2個垂直に並べることでステレオ再生における音の広がりを改善しています。
超高域には3cmコーン型スーパートゥイーターを搭載しています。
振動板にはアルミ合金成型板を採用しており、10kHz以上の超高域部を受け持っています。

フロントバッフルにはレベルコントロールを搭載しており、2kHz~25kHzの範囲のレベルを3段階に変化できます。

エンクロージャーには密閉方式を採用しています。
外観はウォルナット仕上げとなっており、フロントバッフルにも木目パターンの突き板を使用しています。
また、フロントグリルには二重サランネットを使用しており、格調高い雰囲気を出しています。」

36063759_1579393478852993_2342528824559796224_n(今回のパワーアンプはアムクロンD75改)

1970年代の製品で、新素材(カーポン、チタン等)競争になる前、オーソドックスな素材でダイヤトーンができる限りのことをやった機種と思われます。(2S-305やP610の技術陣?)

今回も途中参戦の筆者、小休止モードの会場で持込みCDをかけまくる。
先ずはど定番、サムシングエルスの1曲目「枯葉」、高域、低域、過不足なくラッパもイキイキ。
ビートルズ、「カムトゲザー」、キレがありバスドラもチャンと出てる。
カンターテドミノ、パイプオルガン、教会の高さもまずまず。
マイルス・デイビスの「フットプリンツ」ではトニー・ウィリアムスのシンバルが宙で鳴ってる。

どのジャンルもオールマイティにこなし、スーパーツィータ以外は”紙”の振動板だけどハリ、つやある。
ユニット数多いけど、位相も自然。
スピーカーの品評よりも、鳴ってる音楽に引き込まれる=良いオーディオの証拠!
35922676_1579393665519641_8432871881412968448_n
「こりゃ良いんでないかい!」と皆を振り返ると、
「ふっ、ようやくここまできたのよ。」とニヒルな空気。

初めは鈍くてしょぼくて、どうしようかというところから、セッテイングいろいろやり、
決め手はレイオーディオのスピーカーケーブルだったらしい。
前回も”アンプ替えたんかい!”という位違いを見せ付けたこのケーブル、
う~ん、ホシクナッテクル・・・
35921714_1579393495519658_4581648438793338880_n

調教の結果とはいえ、DS-31Cで充分に思えた。多分、我が家のJBL4312より上なことは間違いない・・

山田さん、こんないいスピーカーを眠らせておくなんて・・

札幌オーディオ同好会 第66回例会

5/18 らんぷうぇい

今回も遅参した筆者、落ち着いた後だったので詳しい経緯はわかりませんが、
ブラッシュアップされた植木アンプ130Wアンプと
佐藤氏のマランツのCDプレーヤー SA15S2の試聴がメイン。
32815091_1540737032718638_7458790646053076992_n
植木アンプの成長状況はよくわからないので割愛。
32787694_1540737092718632_2615939304387510272_n
SA15S2はメーカー製ながら、カスタム植木DACといい勝負したみたい。
(植木製プリとDACはもうメーカー品には負けないレベルだと思います。)

信号ケーブルの比較で、レイオーディオの凄さを見せ付けられましたね。
”アンプ替えたんかい!”という位の変化、情報量が増える感じ。
高いというがメーター1万円位で効き目絶大の究極ケーブルが手に入るなら・・・
32784875_1540737149385293_1350809382580912128_n

カンターテドミノの空間表現や高橋竹山の切れのある三味線に、皆が拍手するくらい。
しかしである、皆が酔いしれているところに私がビートルズ「ヘルプ!」をかけると
”なんじゃ?!ラジオのようなかしゃかしゃ”
バスドラ、エレキベースがまったく出ない・・・

塩崎師範が、
「このシステムは音数の少ないアコースティックに合わせてチューニングされているのでロックやポップスには向かないのだ。」とのお言葉。

あれだけDACやケーブルの違いを表現し、三味線を鮮烈に鳴らせても、私の好きなエレベはダメなのか・・・

33060347_1540737219385286_1700141552623419392_n

”いい音”って難しいですね。
人によって違うのは勿論、同じ人でも音楽ジャンル、時間、場所、状況によって変わる・・

whlb
シュアー社がカートリッジ生産を終了するというので、国産メーカーびいきなんですけど1本買ってしまいました。
44Gより品の良い音がするらしいDJ用の「WHITELABEL」。
筐体がセラミック製で、ボディ直出しのリード線(接点が少ない?)等でシュアーの割には落ち着いた音?
私が利用したサウンドハウスのシュアーカートリッジの在庫はあっと言う間に無くなりつつあるようです。
44G好きな方はお早めに。

札幌オーディオ同好会 第65回例会

4/20 らんぷうぇい

今回は

1 T氏のスピーカー エレクトロボイスZX1-90B
スペックは
周波数特性(-3dB)60Hz – 20kHz
出力音圧レベル(SPL)1W/1m 94dB
指向性(水平×垂直)90°×60°
長時間連続許容入力 200W
ピーク許容入力 800W
低域ユニット 8 インチ(20cm)ウーファー EV8L
高域ユニット 1インチ(2.5cm)ダイヤフラム DH2005
クロスオーバー周波数 1.7 kHz
公称インピーダンス 8 Ω
入力コネクタ Neutrik NL4×2
材質・仕上げ 高密度ポリマー樹脂成型
グリルスチール、亜鉛メッキ、パウダーコート、クロス内張り
寸法(H×W×D / mm)457×282×264
本体重量 8.4kg

31062176_1514976928627982_58037038165907235_n

PA用スピーカーは音の抜けが良く、頑丈(ウーハーのエッジはウレタンでは無いし。)でガンガン鳴らせる。
樹脂成形で理想的な箱形状なのか、低音もファット!
(爆音だと箱がビリついていたが、これも元気な音の一部か・・)
けっして繊細ではないが、しっかりした音で、細かいこと気にぜずに
楽曲を楽しめた。
これが1本3万2千円で買えるのか。
この値段でこれ以上のモノがあるのか?
これ以上望むのなら、何を買えば良いのか?
ひとつの基準になるのかもしれない。

2 植木スピーカーの新ツィーター フォステクスFT96H

インピーダンス 8Ω
再生周波数帯域 4kHz〜33kHz
出力音圧レベル 100dB/W(1m)
入力 50W(Mus.)
マグネット重量 34g(ALNICO)
総重量600g
推奨クロスオーバー周波数 8kHz以上
カットオフ周波数 3.9kHz
アルニコ磁石のホーン型。
30743591_1514976948627980_9217873809570122052_n

ハイルドライバーからの換装だが、こちらの方がレンジが拡がり品が良いみたい。
こちらの勝ちかな・・
31036949_1514976988627976_5088907608946929935_n

私の持ち込み音源、大瀧詠一作品集Vol.3 「夢で逢えたら」をかける。
この4枚組CDは
「大瀧詠一が生んだ永遠のスタンダードナンバー「夢で逢えたら」。この1楽曲だけにスポットを当てて レコード会社、レーベルの壁を取り払い、古今東西に存在するオリジナル及びカヴァー作品の完全収録を試みた前代未聞のコンピレーションアルバム、全86曲。」というもの。
迷ったけど買っちまった・・・
松崎しげるのトラックかけたら歌謡曲然とした古い録音は上手く鳴らない。
ソフトが貧弱だと却下された。
確かにそうだけど、ここが不満。
高音質盤しかうまく鳴らないというのは、ダメでしょう。
我が家ではそこそこ楽しめるもん、何故ソフトを選ぶ?

それならキップ・ハンラハンの新作「クレッセント・ムーン」
つぶやき声が生々しい。

エレクトロボイスZX1-90Bに替える。
バランスの良さはメーカー製に敵わない。
30743094_1514977075294634_1713952176548697514_n

3 レイ・オーディオ製スピーカーケーブル
関井師がスタジオで使っているレイ・オーディオ製スピーカーケーブル。
太い!メーター1万円!(高額だけどオーディオ界では普通・・)

アンプ替えたんかい?と言う程、変わりました。
ソフトに入ってる情報があまねく聴こえる。
メリハリも効いていて、うるさい位で好みが分かれる音。
私や爆音大魔王S氏は支持!
この音聞くと、他が眠たく聞こえます・・

高性能でアンプやDACに違いを聞き分けることができる植木スピーカー。
レベルは高いけど、メーカー製と比べると何かが・・・

札幌オーディオ同好会 第64回例会

3/23 らんぷうぇい

今回は
  植木製新作パワーアンプの改良版とかだったらしい・・

私は欠席したので、レポートのしようが有りません・・・
後日、植木氏からこんなエピソードを聞きました。

ブルーノートの某作品をかけたところ、中域に音が集まりお団子状態で会員諸氏から不満が。
(私がいたら、ブルーノートなんてこんな音でしょうと片付けたかも・・
あれはヴァン・ゲルダーの音ではなくアルフレッド・ライオンの音ですからね。
ヴァン・ゲルダーって言われるままにどんな音にでも録ってしまう人だったと思います。
ブルーノートとインパルスとCTIですぜ・・・閑話休題。)

何がおかしいのか、全員で犬がニオイを嗅ぎまわるように究明したが、機器はいつもどおり・・
ようやくたどり着いたのが、スコーカーの結線に使っていたバナナプラグ。
前回と違うのはこの一点のみ!
外して聴き直したら、あら不思議!広がりのある音に!
見せてもらいましたが、そんな悪さするようなモノには見えません。
怖いですねぇオーディオって、いやらしいですねぇそんな違いを聞き分ける人達って。

2018040317090000.jpg
ジャンクの箱にフルレンジスピーカーぶち込んで鳴れば嬉しかった発足期が懐かしいです。
メカ音痴の私でもあの頃から参加していたからこそ、今もついていけているのかな?
今やハイエンド機器を越えるレベルでの些細な聞き分けは神経を使うというかメンド臭くて疲れる・・・

そうでもないか・・
レベルアップしているとはいえ、要するに”音楽”を楽しめているかどうかですから・・
どれだけ凄いDACやアンプがあっても結局スピーカーというほとんど進歩していない機材に規定されてしまうのですから。

オーディオを頂のある山に例えていたことが間違いだったのですね。
野原?大海原?それとも砂漠を幻影を求めてさまよい歩くのがオーディオなのかも。

札幌オーディオ同好会 第63回例会

2/23 らんぷうぇい

今回は
  植木製パワーアンプの新作
  福澤製DAC など。
28055874_1460833414042334_1808563043265192602_n
遅参した私(櫻田)、店内に入ると爆音でプリンスの曲が鳴り響いている。
いつもの植木スピーカーが、ここまで大音量が出せることに驚く。
植木製新作パワーアンプだ!(片チャンネル130W位?)
蓋が開いていたので中を見ると、バカでかいトランス、コンデンサーが。
さすがに爆音でもびくともしない。
ただ・・・量的には合格なんだけど、弾けるファンクサウンドに囁き声がふっと宙に浮く曲なのに、ごちゃごちゃしてる。
私の持ち込んだチコ・フリーマンとセシル・マクビーのデュオは骨太いベースにサックスが生々しく浮かんで好感。
でもアール・クルー「トリオ Vol.1」になると、クルーの艶やかなギターが立たない、お団子。
音数のすくない音源はそこそこだけど、質感がいまひとつか・・・
アンプよりスピーカーの限界なのか・・・
DF170814-067

51vs60DRQbL
パワーアンプの蓋の有無の違いというのも、比較していた。
私的には、こういう重箱隅つつき系は”メンドくせえ~”のですが、確かに違う・・・
蓋をすると、音が窮屈になってしまう。
防振対策をやり過ぎた結果だというのです。
”振動”は”悪”なのだから徹底的にコロスべきだと思うのですが、
締めれば良いってものではないらしく過ぎたるものは・・・ 
私には、why?
28056831_1460833097375699_4975534841072009030_n
前半は植木製の新旧VS福澤製のDAC比較もあったとのこと。
植木氏によると「うん百万のハイエンド製品を凌ぐとも言われている福澤師匠DACと互角。
旧タイプ(実は私のもの)でバランス接続時の音は師匠もお認めになっていたよ!」とのこと。
私は聴いていないけど、植木氏の自画自賛だけではないと思います。
和気藹々、円満な会ですが、音質については妥協の無い、もの凄い辛辣な言葉が飛び交うのが常なので・・・
28279670_1460833230709019_7737365283633121169_n
細かい音の違いを聞き比べするようになり、かなりレベルが上がった会になったもんだと思っていましたが、会の途中から参加すると、見方が変わりますね。
わずかな音の違いを探求するのがオーディオなんだろうけど、結局”音楽”が生きていないとダメなんですね。
良い内容だと確信して持って持ち込んだ音源が会場でうまく鳴らない時、「合わなかったんだぁ~」としょんぼり
取り下げることがままあったけど、これは本末転倒でしたね。
数十年ジャズを聴き続けてきた者として自信のある作品が楽しめないのは、機材側の問題??
決して試聴機材をディスってるわけではありません・・充分ディスってる?
植木スピーカーは微細な違いをきちんと表現できるので、比較試聴機としては優れているのですが・・
スピーカーだけではなく部屋の問題というか特性もあるのかな。
以前持ち込んだJBL4312が全く低音の出ないへぼスピーカーに聴こえる”魔の低音食い”空間だし・・
一度、16~20cmのフルレンジにツィーターを載せたシンプルなスピーカーシステムに戻してみては?
28167187_1460832714042404_6330753363894926632_n

札幌オーディオ同好会 第62回例会

1/19 らんぷうぇい

今回は
植木製プリアンプ改造ヴァージョンとパワーアンプ
福澤製プリアンプとパワーアンプ
福澤師が平面スピーカーを持参

前回、私がプリメインアンプで最強ではないかと思っていたsansui AU-α907DRを
一蹴した福澤アンプ。
植木氏がそのプリアンプを借り、自宅でじっくり研究を重ねノウハウを盗み(?)、
自身のプリの配線、電源トランス等を載せ替え電圧数値を上げた(ほぼ新作ですね)渾身の改造版。
今度こそ師匠越えか?!

まずは挑戦者植木プリ。
おお、更に磨きがかかり”改良”されたことがわかる。
バランス接続ではかっちりくっきり。
アンバランス接続ではマイルド、私には少し眠たく感じる。
ここで植木氏の信じられない一言が!!
「バランスよりアンバランスの方が情報量多くねぇ?
オペアンプ入ってる分、バランス回路は不安定?」

おいっ!おいっ!
今までのバランス・アンバラ論争は何だったのですかあ?
結局バランス接続の方が”よく”聴こえていたのは回路の優位性ではなく、
たまたまオペアンプを通った音の方が、マシに聴こえたという固体差に過ぎないということなの?
距離やケーブルの質の影響を受けないという利点はあるにせよ、
”バランスの方が良いということは理論的に有り得ない”と言っておられた
電送の専門家、福澤師匠にナマイキなことを言ったのは・・・
26734268_1423558964436446_7001565020850050847_n

理詰めで迫ってきた植木アンプに対して王者、福澤アンプは音楽が気持ちよく聞こえる。
回路方式とかスペックはほぼ互角なんでしょうが、
同じ型番でも音のいい初期のFETを使っているとか吟味を重ねた結果のようです。
長年の経験と腕を持ち、パーツを吟味して作った一点もの、
メーカー製では不可能な領域にある、ハイエンド以上のカスタムアンプかと。

正直、アンプやバランス・アンバラの比較なんて、地味で微々たる違いで
メンドクセエことなんですけど。
今回の機器は私程度でも違いがわかるものでした。
これは透明度が増すほど、わずかな濁りが目立つということなんでしょうか。

n92468019_1
福澤師が持ち込んだ平面スピーカーのスペックは
サワフジ DP-12
厚さ2.5センチ
ダイヤフラム(透明プラスチック?)・ボイスコイル一体構成
多数の棒状マグネットを使用
インピーダンス 4Ω
最大入力 150W
音圧レベル 84dB
サイズ 16x16cm
重量 665g
(※写真撮り忘れたので、ネット方面から借用・・いいのか?)
というものを片チャンネル2本ずつ平面バッフル板に組み込んだ物。
どうやっても重低音は望めないが、抜けの良い鳴りっぷり。
高域も伸び、”何をやっているのか”がはっきり聞き取れる。
本でも読みながら、ギターとボーカルなんぞを中音量以下で楽しむのにいいかも。
でも10cmフルレンジ(FE103あたり)で充分低音も楽しめますけど・・・
珍品・・・

無題
試聴ソフト、チャールス・ロイド「ザ・ウォーター・イズ・ワイド 」が好評でした。

植木DAC2代目

あけましておめでとうございます。
本年も心ゆくまで賑やかに趣味を堪能できれば・・・

2018010407550000.jpg
(写真 上段がDAC、最下段がプリアンプ。写真は暗くて不鮮明ですが、明るく
てもDACもプリもたいしたルックスではありません。)

昨年末に私(櫻田)が主催植木氏製の2代目DACを導入しました。
身の程をわきまえ、”ほどほどオーディオ”を目指すと宣言したばかりで
新機種はしばらく控えようかと思っていたのですが、
植木氏が「全然違うよ~、良いよ~、一度知ったら離れられないよ~」と
拒む私に無理やり・・・

従来のモノより筐体が大きく頑丈、無理のない配線の取り回し、電源強化、バランス出力の追加、徹底的なノイズ・振動対策されたもの。

回路的には基本的に同じ(金田式改)で、さして期待していなかった・・・驚き!
聴き慣れた古いジャズの録音が新しくなったみたい!
明瞭で情報量が増えた感じ。

バランス接続については当会でいまだに熱い論議が交わされおります。
理論さっぱりの私の聴いた感想は、
う~ん、池の魚に例えると、アンバランスでも魚の活きの良さは同じだが
バランスにすると池の水が澄んで、より動きが鮮明といったところか。

ほどほどオーディオを目指す筈が、更に”くっきりはっきり”傾向が強まり、ゆるさの無い音に。
(DAC、プリアンプはそこらのメーカー品は凌駕してると思います。)

知ってしまうと戻れない、これがオーディオか・・

注)文中、主催植木氏が立場の弱い会員に対して製品の導入を強制したような表現が
ありますが、すべて事実というわけではありません。
当会は大人の基準でコンプライアンスを厳守しておりますのでご安心を。

札幌オーディオ同好会 第61回例会

25550550_1403149613144048_4368811953575061627_n
12/23 らんぷうぇい
今回が第61回(6年目突入!)で回数を誤認しておりました。
ということで記念すべき第60回は先月だったというグダグダ・・・・
大らかな会員諸先輩はあまり気にしていない様子・・・老人同士の寛容・・?

今回は飲食伴う忘年会、15時~20時まで酒池肉林。
それでもちゃんと出し物はあります。
酒飲みながらでも、比較試聴してしまう、マニアの哀しい性。

25594209_1403149596477383_750517135068952322_n
スピーカーはらんぷうぇいの平面型スピーカー、マグネパンMG2.7QR 、あまり古くない方。
プリアンプは 植木製と福澤師匠製
パワーアンプは 爆音王佐藤氏のサンスイAU-α907DRのパワー部
福澤師匠製の窪田式 というハイレベルな布陣。
サンスイAU-α907DRはかの爆音鉄工場で実力を見せ付けられた超強力アンプ。
当然パワー喰いマグネパンをしっかり鳴らす。
歴代国産プリメインアンプの中でも最強かと。
でも福澤アンプに替えるとはっきりと音が違う。
明瞭度にかなりの差が。
大音量になれば、サンスイの本領が発揮できるのかもしれないが、この場での劣勢は明らか。
パワーアンプでここまで違いを見せ付けるというのは何なのでしょう?
アンプをカスタム製作して50年以上? いまだに大手メーカーから回路図が送られてきて試作品を作る仕事もしている福澤師匠。
量産機と一点ものの違い、だけではないなあ・・・ 25995013_1403149536477389_7500608282023073741_n 果てることのないオーディオ談義は続き、体力尽きた者から離脱していく状態。
好きなことで集まれるというだけでも”幸せ”なことなんでしょう。

次回は1/19 良いお年を~